ニュース

大空祐飛&大野いとが親子役、音楽朗読劇『冷蔵庫のうえの人生』

左から大空祐飛、大野いと
左から大空祐飛、大野いと

音楽朗読劇『冷蔵庫のうえの人生』が、6月8日から東京・赤坂の草月ホール、6月25日から兵庫・兵庫県立芸術文化センターの阪急中ホールで上演される。

同公演は、イギリス出身の詩人で小説家のアリス・カイパースの同名小説をもとにした音楽朗読劇。がんに侵されているかもしれないと告白した母親と16歳の娘が、冷蔵庫に貼り付けたメモを通して会話をしていく様が描かれる。

1人で娘を育てる母親役を演じるのは、元宝塚歌劇団宙組トップスターの大空祐飛。母親を困らせる行動をとりながらも回復を願う娘役は大野いとが演じる。音楽は兄弟ピアノデュオのレ・フレールとジャズピアニスト・林正樹が日替わりで生演奏するほか、宝塚歌劇の演出や振付などを手掛ける謝珠栄が演出を担当する。チケットは現在販売中だ。

大空は同公演について「全ての女性は誰かの娘であり、その誰かとは世界でたった一人の母親です。この作品は全ての『娘』に母を想いながら観てほしいような作品です」とコメント。大野は出演にあたり、「音楽朗読劇は、ほとんどは耳だけで物語を伝えなければならない。観て下さる方々に、想像がどんどん膨らんでもらえるよう精一杯頑張ります」と意気込みを語っている。なお公演期間中には出演者によるアフタートークが開催される。詳細についてはオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『冷蔵庫のうえの人生』

作:アリス・カイパース
演出:謝珠栄
音楽:レ・フレール、林正樹
出演:
大空祐飛
大野いと

東京公演
2016年6月8日(水)~6月12日(日)全8公演
会場:東京都 赤坂 草月ホール
料金:7,500円

兵庫公演
2016年6月25日(土)、6月26日(日)全3公演
会場:兵庫県 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
料金:6,000円

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Chara “Tiny Dancer”

<わたしが置いていくものは小さな態度><愛したことは真実>という印象的なフレーズとは裏腹にCharaのとびきり甘く優しい歌声が包み込む。満島ひかりとはとても不思議な女性で、「こども」と「おとな」を併せ持っているようだ。それはCharaも同じかもしれない。そんな二人が溶け合って惹かれあっているみたい。(川浦)