佐藤健、有村架純、菅田将暉らが就活&三角関係、『何者』特報&ポスター

映画『何者』のポスタービジュアルと特報が公開された。

朝井リョウによる同名小説をもとにした同作は、22歳の男女5人が就職活動を通じて自分が「何者」かを模索する様を描いた作品。海外ボランティアやサークル活動、SNS、人脈作りなど様々な手段を駆使して就職活動に取り組む中で彼らの人間関係に変化が表れ、内定者が出たことをきっかけに抑えられていた妬みや本音が露になっていく、というあらすじだ。監督は演劇ユニット「ポツドール」の主宰を務める劇作家の三浦大輔。

公開されたポスタービジュアルには、人を分析するのが得意な拓人役の佐藤健、天真爛漫だが着実に内定に近づいていく光太郎役の菅田将暉、光太郎の元恋人で、拓人が想いを寄せる瑞月役の有村架純、結果が出ないことに不安を募らせる「意識高い系」の理香役を演じる二階堂ふみ、就職活動に批判的な姿勢を見せながら焦りを隠せない隆良役の岡田将生、拓人のサークルのOB・サワ先輩役の山田孝之の姿が登場。全員がスーツに身を包み、証明写真を連想させるようなビジュアルになっている。

また特報は、キャスト6人のキャラクター像が明らかになる内容になっているほか、拓人と光太郎が就活イベントに参加している様子や、拓人、瑞月、光太郎の三角関係の様子が垣間見えるシーン、拓人が多くの観客に拍手を送られている映画オリジナルのシーンなどが確認できる。

作品情報

『何者』

2016年10月15日(土)から全国東宝系で公開

監督・脚本:三浦大輔
原作:朝井リョウ『何者』(新潮文庫)
出演:
佐藤健
有村架純
二階堂ふみ
菅田将暉
岡田将生
山田孝之
配給:東宝

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 佐藤健、有村架純、菅田将暉らが就活&三角関係、『何者』特報&ポスター

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて