奈良美智の感性を育んだ約60点を紹介、MOMATコレクションの企画展

『奈良美智がえらぶMOMATコレクション 近代風景~人と景色、そのまにまに~』が、5月24日から東京・竹橋の東京国立近代美術館ギャラリー4で開催される。

同展は、東京国立近代美術館の所蔵品ギャラリーで会期ごとに展示作品を替えながら開催されている所蔵作品展『MOMATコレクション』の特別企画。奈良美智が同館のコレクションから選んだ約60点の作品を、奈良によるコメントと共に展示する。

出品作家には、奈良の大学時代の恩師・麻生三郎をはじめ、榎本千花俊、小出楢重、熊谷守一、古賀春江、佐伯祐三、野口謙蔵、藤田嗣治、松本竣介、村山槐多、柳原義達、萬鉄五郎らが名を連ねている。なお会期中の『MOMATコレクション』展では、奈良の作品『Harmless Kitty』が展示される。

イベント情報

『奈良美智がえらぶMOMATコレクション 近代風景~人と景色、そのまにまに~』

2016年5月24日(火)~11月13日(日)
会場:東京都 竹橋 東京国立近代美術館 本館2F ギャラリー4

時間:10:00~17:00(金曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(7月18日、9月19日、10月10日は開館)、7月19日、8月8日~8月15日、9月20日、10月11日
料金:一般430円 大学生130円
※高校生以下および18歳未満、キャンパスメンバーズ、MOMATパスポートをお持ちの方、障害者手帳をお持ちの方とその付添者1名は無料
※毎月第1日曜日、11月3日は無料観覧日

関連リンク

  • HOME
  • Art,Design
  • 奈良美智の感性を育んだ約60点を紹介、MOMATコレクションの企画展

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて