ニュース

手塚悟監督の初長編『Every Day』に永野宗典、音楽はharuka nakamura

『Every Day』 ©2016TEDOYA TOGO
『Every Day』 ©2016TEDOYA TOGO

手塚悟監督の映画『Every Day』が、7月23日から東京・新宿K's cinemaほか全国で順次公開される。

同作は、1983年生まれの手塚監督の長編デビュー作。主人公・晴之のもとに、交通事故で昏睡状態にあったはずの恋人・咲が突然現れ、1週間の時間をもらったことを告げる、というあらすじだ。

主演を務めるのは、マキタスポーツ主演の連続ドラマ『PANIC IN』の脚本・演出を手掛けるなど幅広く活動している永野宗典(ヨーロッパ企画)。共演者には映画『4/猫-ねこぶんのよん-』『珍遊記』などの山本真由美、『SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』の倉田大輔、舞台を中心に活動する山内健司(青年団)らが名を連ねている。音楽はharuka nakamuraが担当。

作品情報

『Every Day』

2016年7月23日(土)に新宿K's cinemaほか全国で順次公開

監督・脚本:手塚悟
音楽:haruka nakamura
出演:
永野宗典
山本真由美
倉田大輔
こいけけいこ
牛水里美
土屋壮
朝真裕稀
藤谷みき
谷川昭一朗
山内健司
配給:TEDOYA TOGO

『Every Day』 ©2016TEDOYA TOGO
『Every Day』 ©2016TEDOYA TOGO
『Every Day』 ©2016TEDOYA TOGO
『Every Day』 ©2016TEDOYA TOGO
手塚悟監督
手塚悟監督
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)