ニュース

川口春奈×山崎賢人『一週間フレンズ。』追加キャスト、担任役に戸次重幸

左上から時計回りに上杉柊平、高橋春織、戸次重幸、甲本雅裕、古畑星夏、国生さゆり
左上から時計回りに上杉柊平、高橋春織、戸次重幸、甲本雅裕、古畑星夏、国生さゆり

実写映画『一週間フレンズ。』の追加キャストが発表された。

2017年2月に全国で公開される『一週間フレンズ。』は、葉月抹茶による同名漫画をもとにした作品。月曜になると友人たちの記憶を失くしてしまう女子高生・藤宮香織と、彼女を一途に想い続ける同級生の長谷祐樹が織り成す青春ラブストーリーだ。これまでの発表では香織役を川口春奈、祐樹役を山崎賢人、祐樹の親友・桐生将吾役を松尾太陽(超特急)が演じることが明らかになっていた。

発表された追加キャストは、香織の過去を知る転入生・九条一役の上杉柊平、祐樹の幼なじみ・山岸沙希役の高橋春織。さらに映画版のオリジナルキャラクターとなる香織の中学時代の友人・近藤まゆ役を『Seventeen』専属モデルの古畑星夏が演じる。また香織と祐樹の担任教師・井上役に戸次重幸、香織の母・藤宮志穂役に国生さゆり、香織の父・隆之役に甲本雅裕がキャスティングされている。

上杉柊平のコメント

九条を演じるにあたり、香織を純粋に想う気持ちだけを一貫して持ち続けていました。
お互いのその気持ちだけでいい、でも、気付けば周りの人たちが見てくれていて、支えてくれている。そんな事も九条を通して感じて頂けたら、と思います。
撮影現場では、終始、川口春奈さんや山崎賢人くんにいじられていた気がします。
でも、そんな主演二人の明るさが、現場全体の、そして僕にとっても支えになっていました。

高橋春織のコメント

初めてこの役のお話を聞いたときは、嬉しさと同じくらい驚きも大きかったです。
撮影中は監督やプロデューサーさんと相談しながら、山岸沙希としてきちんと生きられるよう役と向き合い、演じきることができました。
撮影の初めは緊張していましたが、主演のおふたり含め共演者のみなさんとも次第に打ち解けることができて、本当に楽しかったです。
純粋な気持ちが蘇る素敵な作品です!ぜひ好きな人や友達と一緒に観ていただきたいです!

古畑星夏のコメント

この映画は今までにない純愛ストーリーで、気づいたら涙腺が大変なことになります!
一緒に共演した山崎くんと、はるなちゃんの2人の掛け合いがとっても面白くて、現場はいつも明るくてとっても楽しかったです♪
夏祭りのシーンは極寒の冬で撮影したので、それもいい思い出です(笑)
色んな人に見てもらえたら嬉しいです!

国生さゆりのコメント

友達を作ると記憶がリセットされ、友達を傷つけてしまう。
そんな思いから、家族以外の人達に対して、寡黙な日々を送る娘 香織を支える母 志穂を演じさせて頂きました。
芸能生活30周年にあたり、記念の一作となりました。是非、ご覧くださいませ。

甲本雅裕のコメント

私にも娘がいるので、もしこんな事になったらと思うと逆にリアルに受け止める事が出来ず、今回は芝居だけに集中しました。
山崎君との共演シーンでは、あまりにも誠実な彼を前に台詞を言いながら、なぜか申し訳ない気持ちにもなり複雑でしたね。

戸次重幸のコメント

僕は担任の教師役ということで、若い若い生徒役の皆様の中で一人だけオッサンが混ざっているという、若干所在のなさを感じた現場でした(笑)。
しかし、寒い時期に学生服という薄着で撮影に挑む主演のお二人の頑張りは、こちらのやる気を奮い立たせるものがありました。
この作品は、本当の意味での青春映画と言えると思います。

作品情報

『一週間フレンズ。』

2017年2月から全国公開

監督:村上正典
脚本:泉澤陽子
原作:葉月抹茶『一週間フレンズ。』(スクウェア・エニックス)
出演:
川口春奈
山崎賢人
松尾太陽
上杉柊平
高橋春織
古畑星夏
国生さゆり
甲本雅裕
戸次重幸
ほか
配給:松竹

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 1

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  2. BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌 2

    BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌

  3. 大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く 3

    大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く

  4. 内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』 4

    内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』

  5. Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始 5

    Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始

  6. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 6

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  7. いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開 7

    いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開

  8. NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も 8

    NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も

  9. No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった 9

    No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった

  10. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 10

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側