『花椿』ウェブ版がリニューアルオープン、今秋には季刊誌も刊行

資生堂の企業文化誌『花椿』のウェブ版がリニューアルオープンした。

様々な角度から「美」へのアプローチを試みる『花椿』は、1937年に創刊され、2015年12月号をもって月刊誌としての刊行を終了。内容を一新したウェブ版は、「アート」「ファッション」「ビューティー」を中心とした6つのコンテンツからスタートし、今後も順次コンテンツを加えていく。また、今秋には季刊誌を刊行する予定だ。

現在掲載されているコンテンツは、旬の食べ物をテーマとしたGIFアニメを掲載する「空想ガストロノミー」、メイクの楽しさを動画で紹介する「Wake up, Make up! ―心うきたつメーキャップの時間―」、ファッションやサブカルチャーなどのニュースから「今」を読み解くコラム「Now, What!」、資生堂のデザインに関するリレーコラム、日本全国の様々なアートを紹介する「美をめぐる旅」。文芸作品に描かれた銀座と現在を対比する「銀座時空散歩」の第1回では、大森克己が写真とキャプション、寺尾紗穂が執筆を担当している。

  • HOME
  • Life&Society
  • 『花椿』ウェブ版がリニューアルオープン、今秋には季刊誌も刊行

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて