ニュース

日英豪の共同製作公演『ZERO POINT』に島地保武ら、音楽はT・ヘッカー

『ZERO POINT/ゼロ・ポイント』
イメージビジュアル photo:Taisuke Tsurui
『ZERO POINT/ゼロ・ポイント』 イメージビジュアル photo:Taisuke Tsurui

日英豪共同製作公演『ZERO POINT/ゼロ・ポイント』が、6月25日と26日に高知・高知県立美術館ホールで上演される。

同公演は、高知県立美術館のアーティスト・イン・レジデンス事業の一環として2013年に招聘されたイギリスの振付家のダレン・ジョンストンが、お遍路巡りなどの高知でのリサーチや制作をもとに、帰国後も作品のブラッシュアップを続けて完成させたマルチメディアパフォーマンス作品。2014年にイギリス・ロンドンのバービカンセンターで行なわれたショーイングが好評を博し、バービカンセンターとオーストラリアの『パース国際芸術祭』との共同製作に繋がったという。

作中では、ダンサーの身体とプロジェクションマッピングやモーショントラッキングといったデジタルテクノロジーのコラボレーションを展開。再生や儀式にまつわる東洋的な思想、量子力学の概念である「ゼロ・ポイント」の科学的な視点や霊的な解釈に着想を得た儀式的空間が描かれる。

振付と演出はジョンストンが手掛けるほか、音楽はティム・へッカーが担当する。出演者には新国立劇場バレエ団オノラブルダンサーの酒井はな、元ザ・フォーサイス・カンパニーの島地保武らが名を連ねている。チケットは現在販売中だ。また公演に関連して、6月21日にはジョンストンによるダンスワークショップも開催される。詳細についてはオフィシャルサイトをチェックしよう。

なお同公演は、2017年2月に『パース国際芸術祭』、5月にバービカンセンターでも上演される。

イベント情報

高知パフォーミング・アーツ・フェスティバル 2016 日英豪国際共同製作 世界初演
『ZERO POINT/ゼロ・ポイント』

2016年6月25日(土)、6月26日(日)
会場:高知県 高知県立美術館ホール

振付・演出:ダレン・ジョンストン
作曲:ティム・ヘッカー
出演:
酒井はな
島地保武
近藤美緒
浅井信好
飯島望未
大手可奈
辻田暁
中間アヤカ
鈴木奈菜
水野多麻紀
安岡由美香
料金:
一般 前売2,500円 当日3,000円
学生 前売1,500円 当日2,000円
※身体障害者手帳、療育手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)は3割引

『ZERO POINT/ゼロ・ポイント』
イメージビジュアル photo:Peter Langman
『ZERO POINT/ゼロ・ポイント』 イメージビジュアル photo:Peter Langman
『ZERO POINT/ゼロ・ポイント』
イメージビジュアル photo:Taisuke Tsurui
『ZERO POINT/ゼロ・ポイント』 イメージビジュアル photo:Taisuke Tsurui
『ZERO POINT/ゼロ・ポイント』
イメージビジュアル photo:Nae Fukata
『ZERO POINT/ゼロ・ポイント』 イメージビジュアル photo:Nae Fukata
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開