ニュース

「全身詩人」吉増剛造の創作活動を回顧する展覧会、数百枚の生原稿も

『怪物君』を制作する吉増剛造 2015年 Photo: Kioku Keizo
『怪物君』を制作する吉増剛造 2015年 Photo: Kioku Keizo

『声ノマ 全身詩人、吉増剛造展』が、8月7日まで東京・竹橋の東京国立近代美術館で開催されている。

1939年生まれの詩人・吉増剛造。朗読パフォーマンスや映像作品、写真、オブジェなど様々な作品を手掛け、77歳を迎えた現在まで詩人の枠を越えた活動を続けている。

約50年におよぶ吉増の活動を紹介する同展では、東日本大震災以降に書き続けている長編詩『怪物君』の数百枚の生原稿や、吉増の日記、写真、ライフワークとして自身の声などを録音しているカセットテープほかを展示。さらに吉増が影響を受けた中上健次、吉本隆明、ジョン・ケージの原稿、吉増が2006年から手掛けているロードムービー「gozoCiné」、大野一雄とコラボレーションしたパフォーマンスの映像なども紹介される。

会期中は多数の関連イベントを予定。今福龍太、佐々木中それぞれと吉増の対談や、吉増と空間現代、大友良英とのパフォーマンス、吉増と親交の深いジョナス・メカス監督作の上映などが行なわれる。各イベントの詳細は美術館のオフィシャルサイトをチェックしよう。

作品情報

『声ノマ 全身詩人、吉増剛造展』

2016年6月7日(火)~8月7日(日)
会場:東京都 竹橋 東京国立近代美術館 1F 企画展ギャラリー

時間:10:00~17:00(金曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(7月18日は開館)、7月19日
料金:一般1,000円 大学生500円
※高校生以下および18歳未満、障害者手帳をお持ちの方とその付添者1名は無料

『怪物君』を制作する吉増剛造 2015年 Photo: Kioku Keizo
『怪物君』を制作する吉増剛造 2015年 Photo: Kioku Keizo
サヌカイトを口にくわえる吉増剛造 2015年 Photo: Kioku Keizo
サヌカイトを口にくわえる吉増剛造 2015年 Photo: Kioku Keizo
『わたしたちはだれもが優れた楽器なのだ』制作年不詳 ©Gozo Yoshimasu
『わたしたちはだれもが優れた楽器なのだ』制作年不詳 ©Gozo Yoshimasu
『日記』より 1961-64年 Photo: Kioku Keizo
『日記』より 1961-64年 Photo: Kioku Keizo
画像を拡大する(11枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像