『美術手帖』2.5次元特集で『テニミュ』『刀剣乱舞』『キンプリ』に注目

特集記事「2.5次元文化 ―キャラクターのいる場所」が、6月17日発売の『美術手帖』7月号に掲載されている。

同特集では漫画やアニメ、ゲームなどを舞台化した「2.5次元ミュージカル」に注目。ミュージカル『テニスの王子様』を33ページにわたって特集する記事「『テニミュ』という魔法の国のつくり方」では、古田一紀、三浦宏規、内海啓貴らキャストに加えて、スタッフ陣のインタビューを掲載する。また5月に開催された『ミュージカル「テニスの王子様」コンサート Dream Live 2016』の模様を撮影した写真も収録する。

また舞台『刀剣乱舞』のキャストやスタッフ陣へのインタビューや、様々な舞台作品に出演する俳優・植田圭輔、舞台『弱虫ペダル』の演出・脚本を務める西田シャトナーへのインタビューなども掲載。

さらに劇場版アニメ『KING OF PRISM by PrettyRhythm』の応援上映に着目し、菱田正和監督のインタビューと論考を収録するほか、「コンテンツツーリズム」「アイドル×声優」「コスプレ」などのキーワードを通して、「2.5次元文化」を解き明かしていく。

書籍情報

『美術手帖』2016年7月号

2016年6月17日(金)発売
価格:1,728円(税込)
発行:美術出版社

amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 『美術手帖』2.5次元特集で『テニミュ』『刀剣乱舞』『キンプリ』に注目

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて