柳下大&太田基裕が「人殺しの弟」に、東野圭吾原作『手紙』再演

ミュージカル『手紙』が、2017年1月20日から東京・初台の新国立劇場、2月11日から兵庫・新神戸オリエンタル劇場で上演される。

同公演は今年1月から2月にかけて上演された東野圭吾原作ミュージカルの再演。両親を亡くし、弟の学費欲しさに殺人を犯した剛志と、周囲から「人殺しの弟」の烙印を押された弟の直貴の兄弟の10年間を描く。

兄の存在によって友情や初恋が打ち砕かれる直貴役を演じるのは、ダブルキャストとなる柳下大と太田基裕。服役しながら直貴への純粋な想いを手紙に綴る剛志役を初演時に引き続き、吉原光夫が演じる。演出を手掛けるのは2005年以降、蜷川幸雄作品に演出助手として参加した藤田俊太郎。チケット情報は後日発表される。

なお同公演では、出演者のオーディションを実施。詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

ミュージカル『手紙』

演出:藤田俊太郎
脚本:高橋知伽江
作曲・音楽監督:深沢桂子
作詞:高橋知伽江、深沢桂子
原作:東野圭吾『手紙』(文春文庫)
出演:
柳下大
太田基裕
吉原光夫
※柳下大と太田基裕はダブルキャスト

東京公演
2017年1月20日(金)~2月5日(日)
会場:東京都 初台 新国立劇場 小劇場

兵庫公演
2017年2月11日(土)、2月12日(日)
会場:兵庫県 新神戸オリエンタル劇場

  • HOME
  • Stage
  • 柳下大&太田基裕が「人殺しの弟」に、東野圭吾原作『手紙』再演

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて