ニュース

『夏のホラー秘宝まつり』に大畑創監督の新作含む国内外23本が集合

『第3回 夏のホラー秘宝まつり 2016』が、8月20日から東京・キネカ大森で開催される。

キングレコードによるホラー映画レーベル「ホラー秘宝」が贈る『夏のホラー秘宝まつり』。3度目の開催となる今回の上映作品は、新作5本を含む23作品となる。

新作の日本映画は『へんげ』の大畑創監督による新作『EVIL IDOL SONG』、荻野可鈴(夢みるアドレセンス)らが出演する千葉誠治監督作『「超」怖い話』、国内外で活動するモデルで俳優の尚玄がプロデュースと主演を務めた『The Room』の3本。海外からは、性的に興奮したウサギ人間が男女を襲うフィンランドのホラーコメディー『バニー・ザ・キラー』、ある荒野の街道で起こる様々な怪異の連鎖を描くオムニバスホラー『サウスバウンド』がラインナップしている。

またフランク・ヘネンロッター監督の特集では未公開作も含む『バスケットケース』シリーズを上映するほか、ハーシェル・ゴードン・ルイス監督の代表作5本を上映する特集企画も組まれる。

なお会期中にはスタンプラリーや投票企画、観客参加型の「パリピ上映」なども行なわれる。詳細は『夏のホラー秘宝まつり』のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『第3回 夏のホラー秘宝まつり 2016』

2016年8月20日(土)~9月9日(金)
会場:東京都 キネカ大森

上映作品:
『EVIL IDOL SONG』(監督:大畑創)
『「超」怖い話』(監督:千葉誠治)
『The Room』(監督:デビッド・シン)
『バニー・ザ・キラー』(監督:ヨーナス・マッコネン)
『サウスバウンド』(監督:ロクサーヌ・ベンジャミン、デヴィッド・ブルックナー、パトリック・ホーバス、レイディオ・サイレンス)
『バスケットケース』(監督:フランク・ヘネンロッター)
『バスケットケース2』(監督:フランク・ヘネンロッター)
『バスケットケース3』(監督:フランク・ヘネンロッター)
『血の祝祭日』(監督:ハーシェル・ゴードン・ルイス)
『2000人の狂人』(監督:ハーシェル・ゴードン・ルイス)
『カラー・ミー・ブラッド・レッド』(監督:ハーシェル・ゴードン・ルイス)
『血の魔術師』(監督:ハーシェル・ゴードン・ルイス)
『ゴア・ゴア・ガールズ』(監督:ハーシェル・ゴードン・ルイス)
『ヘル・レイザー』(監督:クライヴ・バーカー)
『ヘルレイザー2』(監督:トニー・ランデル)
『ヘルレイザー3』(監督:アンソニー・ヒコックス)
『ABC・オブ・デス2』(監督:大畑創ほか)
『へんげ』(監督:大畑創)
『ゾンビデオ』(監督:村上賢司)
『口裂け女in L.A.』(監督:比呂啓、廣瀬陽、小川和也、曽根剛)
『いま、殺りにゆきます』(監督:千葉誠治)
『ブラインド』(監督:アン・サンフン)
『ラブド・ワンズ』(監督:ショーン・バーン)
配給:ブラウニー
料金:新作1,500円、旧作1,100円

『第3回 夏のホラー秘宝まつり 2016』チラシビジュアル
『第3回 夏のホラー秘宝まつり 2016』チラシビジュアル
『第3回 夏のホラー秘宝まつり 2016』チラシビジュアル
『第3回 夏のホラー秘宝まつり 2016』チラシビジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集