ニュース

土屋太鳳×竹内涼真『青空エール』予告編公開、主題歌も発表

『青空エール』 ©2016 映画「青空エール」製作委員会 ©河原和音/集英社
『青空エール』 ©2016 映画「青空エール」製作委員会 ©河原和音/集英社

8月20日から全国東宝系で公開される映画『青空エール』の主題歌が発表。あわせて同作の予告編が公開された。

主題歌に起用されたのは、whiteeeenによる“キセキ~未来へ~”。同曲はGReeeeN“キセキ”のカバー曲となり、8月17日にシングルとしてリリースされる。

公開された予告編では主題歌の一部が確認できるほか、竹内涼真演じる野球部員・山田大介が土屋太鳳演じる小野つばさに「絶対甲子園行くから、その時スタンドで応援してくれる?」と話すシーンに加え、涙を流すつばさの姿や、怪我に苦しむ大介の様子、つばさがスタジアムのスタンドでトランペットを吹く場面、大介がバッターボックスの立つ様などが映し出されている。また葉山奨之、堀井新太、松井愛莉、平祐奈、上野樹里らも登場している。

『青空エール』は、河原和音による同名漫画の実写映画版。甲子園のスタンドで応援するブラスバンドに憧れて白翔高校に入学した高校1年生のつばさが、野球部員の大介と共に甲子園を目指す様や、2人の恋愛模様が描かれる。

土屋太鳳のコメント

何度も何度も聴き何度も何度も歌い、勇気と元気をいただいてきた「キセキ」。その魂を受け継ぐ曲が主題歌と知り…まさに奇跡だと感じています。心が熱いです。Whiteeeenさんのまっすぐな歌声は、たくさんの仲間と一心不乱に生きた「青空エール」の撮影の日々が、どんなに大切な奇跡のような時間だったかを思い出させてくれます。この歌声が全国のスクリーンからたくさんの人に伝わり、新しい勇気と元気を生み出すことを心から願ってます!

竹内涼真のコメント

青空エールの登場人物たちと同世代のWhiteeeenさんたちが歌う事によって、より心に響くメロディになるのではないかと思います。
撮影現場で、主題歌が何になるのか話したりしていました。その中で「キセキ」も挙がっていたので、主題歌になることを知った時は嬉しかったです。
もともと名曲ということもありますが、実際に曲を聴いてみて、GReeeenさんとはまた違う良さが出ていて映画にもぴったりだと思いました。
聞いた時に自分が撮影していたシーンが蘇ってきて、僕らの熱い気持ちとWhiteeeenさんが歌いあげてくれたメロディがシンクロしているなと感じました。

whiteeeenのコメント

『青空エール』は原作を読ませていただいていたので、主題歌が決まったと聞いた時、そして、その曲がGReeeeNさんの代表曲である「キセキ」を歌わせていただけると聞いた時は、嬉しさと驚きのあまりに叫んでしまいました。「キセキ」をカバーするにあたり、正直すごく不安もありましたが私たちがカバーすることに対してGReeeeNさんからの温かい言葉をスタッフさんから聞いた時、絶対精一杯自分たちの声で「キセキ」を歌おう!!!という気持ちが強くなりました。
そして、『青空エール』は青春時代のぶつかりあいだったり、恋をしてキラキラしていたり、一つ一つのシーンがすごく共感できて、とっても大好きな作品です!いつもそばにいてくれる大切な人のことを考えながら、「キセキ」の歌詞を噛みしめながら、私たちwhiteeeen、心を込めて大切に歌わせていただきました。映画とともに、たくさんの方に聴いていただけることを心から祈っています!

作品情報

『青空エール』

2016年8月20日(土)から全国東宝系で公開

監督:三木孝浩
脚本:持地佑季子
原作:河原和音『青空エール』(集英社)
主題歌:whiteeeen“キセキ~未来へ~”
出演:
土屋太鳳
竹内涼真
葉山奨之
堀井新太
小島藤子
松井愛莉
平祐奈
山田裕貴
志田未来
上野樹里
配給:東宝

whiteeeen
whiteeeen
『青空エール』ポスタービジュアル ©2016 映画「青空エール」製作委員会 ©河原和音/集英社
『青空エール』ポスタービジュアル ©2016 映画「青空エール」製作委員会 ©河原和音/集英社
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年