友近、渡辺直美ら4人が歌う、『ゴーストバスターズ』吹替版主題歌PV

新作映画『ゴーストバスターズ』日本語吹替版主題歌のPVが公開された。

日本語吹替版主題歌は、1984年に発表されたレイ・パーカー・Jr.によるオリジナルの主題歌を友近、渡辺直美、椿鬼奴、しずちゃんがカバーしたもの。ゴーストバスターズに扮した4人が、ゴースト捕獲装置・プロトンパックを背負ってビームを放つ様子や、ネオンの枠組みなどが映し出されており、オリジナルのPVにオマージュを捧げた内容になっている。また映像内の振付はまちゃあき(エグスプロージョン)が担当。PVにはエグスプロージョンの二人も登場している。

8月19日から全国で公開される同作は、『ゴーストバスターズ』シリーズの約27年ぶりとなる新作。コロンビア大学の素粒子物理学博士エリン・ギルバートが、心霊現象を科学的に証明する研究の予算を打ち切られたことをきっかけに、幽霊退治を行なう会社「ゴーストバスターズ」を設立し、エンジニアのジリアン、心霊学者で科学者のアビー、都市歴史学者のパティらと共にゴーストからニューヨークの街を守るため、奮闘するというあらすじだ。

作品情報

『ゴーストバスターズ』

2016年8月11日(木・祝)~8月14日(日)まで先行公開、8月19日(金)から全国公開

監督:ポール・フェイグ
出演:
クリステン・ウィグ
メリッサ・マッカーシー
ケイト・マッキノン
レスリー・ジョーンズ
クリス・ヘムズワース
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 友近、渡辺直美ら4人が歌う、『ゴーストバスターズ』吹替版主題歌PV

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて