木内みどり、古舘寛治、安藤玉恵、原サチコが挑む独ポストモダン演劇

リーディング公演『ロッコ・ダーソウ』が、7月30日と31日に東京・赤坂の東京ドイツ文化センターで上演される。

同公演は、東京ドイツ文化センターで行なわれているドイツの現代戯曲を紹介する公演企画『ドイツ同時代演劇リーディング・シリーズ』の第6弾。『ロッコ・ダーソウ』は、ドイツの「ポストモダン」演劇の劇作家・演出家の1人であるルネ・ポレシュの作品だ。

物語の舞台は録音スタジオの「ロッコ・ダーソウ」。朗読の録音のためにスタジオに来た俳優やプロデューサーの女性、スタジオの持ち主・ロッコら4人の登場人物が、「突然の愛の告白の凶暴性」「友情を保つための無意味な仕草」「現実界、想像界、象徴界をどう渡り歩いて生きるか」といったテーマで考えをぶつけ合う様が描かれる。

翻訳と朗読演出を手掛けるのは、長年にわたってポレシュの作品創作に参加し、ドイツでの『ロッコ・ダーソウ』初演にも出演した原サチコ。出演者には原に加え、木内みどり、古舘寛治、安藤玉恵が名を連ねている。終演後には出演者によるアフタートークも予定されている。チケットは販売中。

イベント情報

ドイツ同時代演劇リーディング・シリーズ
『ロッコ・ダーソウ』

2016年7月30日(土)、7月31日(日)全2公演
会場:東京都 赤坂 東京ドイツ文化センター

作:ルネ・ポレシュ
翻訳・朗読演出:原サチコ
出演:
木内みどり
古舘寛治
安藤玉恵
原サチコ
料金:前売 一般1,500円 学生1,000円

  • HOME
  • Stage
  • 木内みどり、古舘寛治、安藤玉恵、原サチコが挑む独ポストモダン演劇

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて