ニュース

木内みどり、古舘寛治、安藤玉恵、原サチコが挑む独ポストモダン演劇

リーディング公演『ロッコ・ダーソウ』が、7月30日と31日に東京・赤坂の東京ドイツ文化センターで上演される。

同公演は、東京ドイツ文化センターで行なわれているドイツの現代戯曲を紹介する公演企画『ドイツ同時代演劇リーディング・シリーズ』の第6弾。『ロッコ・ダーソウ』は、ドイツの「ポストモダン」演劇の劇作家・演出家の1人であるルネ・ポレシュの作品だ。

物語の舞台は録音スタジオの「ロッコ・ダーソウ」。朗読の録音のためにスタジオに来た俳優やプロデューサーの女性、スタジオの持ち主・ロッコら4人の登場人物が、「突然の愛の告白の凶暴性」「友情を保つための無意味な仕草」「現実界、想像界、象徴界をどう渡り歩いて生きるか」といったテーマで考えをぶつけ合う様が描かれる。

翻訳と朗読演出を手掛けるのは、長年にわたってポレシュの作品創作に参加し、ドイツでの『ロッコ・ダーソウ』初演にも出演した原サチコ。出演者には原に加え、木内みどり、古舘寛治、安藤玉恵が名を連ねている。終演後には出演者によるアフタートークも予定されている。チケットは販売中。

イベント情報

ドイツ同時代演劇リーディング・シリーズ
『ロッコ・ダーソウ』

2016年7月30日(土)、7月31日(日)全2公演
会場:東京都 赤坂 東京ドイツ文化センター

作:ルネ・ポレシュ
翻訳・朗読演出:原サチコ
出演:
木内みどり
古舘寛治
安藤玉恵
原サチコ
料金:前売 一般1,500円 学生1,000円

ドイツ同時代演劇リーディング・シリーズ『ロッコ・ダーソウ』チラシビジュアル
ドイツ同時代演劇リーディング・シリーズ『ロッコ・ダーソウ』チラシビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

ジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督Q&A

『キングス・オブ・サマー』『キングコング: 髑髏島の巨神』の監督であるジョーダン・ヴォート=ロバーツが、自身や自作を語る動画が公開。「影響を受けた映画」や「使用する楽曲への思い入れ」など、ファンからの質問に彼が回答しています。また、ファンが最も気になっていたであろう「髭に対するこだわり」も明らかになる、貴重な映像になっています。(久野)

  1. 『奇面組』再舞台化 メインキャスト続投、なだぎ武&宮下雄也が追加 1

    『奇面組』再舞台化 メインキャスト続投、なだぎ武&宮下雄也が追加

  2. 『SWITCH』でギャルソン「白の衝撃」特集 川久保玲のロングインタビューも 2

    『SWITCH』でギャルソン「白の衝撃」特集 川久保玲のロングインタビューも

  3. 『銀河鉄道999』生放送で実写化 メーテル役に栗山千明、鉄郎は前田旺志郎 3

    『銀河鉄道999』生放送で実写化 メーテル役に栗山千明、鉄郎は前田旺志郎

  4. 宇多田ヒカルが森見登美彦原作『ペンギン・ハイウェイ』主題歌、AL詳細も 4

    宇多田ヒカルが森見登美彦原作『ペンギン・ハイウェイ』主題歌、AL詳細も

  5. J・ビノシュ&岩田剛典が涙、永瀬正敏が微笑 河瀬直美『Vision』新予告編 5

    J・ビノシュ&岩田剛典が涙、永瀬正敏が微笑 河瀬直美『Vision』新予告編

  6. 桜井日奈子&吉沢亮と両親Sが語る 『ママレード・ボーイ』特別映像公開 6

    桜井日奈子&吉沢亮と両親Sが語る 『ママレード・ボーイ』特別映像公開

  7. 放送作家・倉本美津留が語る音楽仕事 最新の企画は「怖い童謡」 7

    放送作家・倉本美津留が語る音楽仕事 最新の企画は「怖い童謡」

  8. 黒木華&多部未華子が樹木希林の指導で四苦八苦 『日日是好日』特報公開 8

    黒木華&多部未華子が樹木希林の指導で四苦八苦 『日日是好日』特報公開

  9. 『鬼神童子ZENKI』漫画家の黒岩よしひろが心筋梗塞で逝去、55歳 9

    『鬼神童子ZENKI』漫画家の黒岩よしひろが心筋梗塞で逝去、55歳

  10. フィッシュマンズのアナログ盤が2作発売 ベスト&『Night Cruising 2018』 10

    フィッシュマンズのアナログ盤が2作発売 ベスト&『Night Cruising 2018』