吉開菜央の「映像」×O JUNの「絵」の出会い、『ほったまるびより』展

『ほったまるびより―O JUNと吉開菜央』展が、7月9日から愛知・名古屋のMinatomachi POTLUCK BUILDINGで開催される。

愛知県美術館館長の島敦彦がゲストキュレーターを務める同展。展覧会タイトルは昨年に『文化庁メディア芸術祭』エンターテインメント部門新人賞に輝いた吉開の映像作品のタイトルで、「放っておくと溜まるもの」と「日和」を合わせた造語だ。会場では吉開の『ほったまるびより』とO JUNのドローイングが展示される。

7月8日には同展のオープニングを記念したポットラックパーティーが行なわれるほか、吉開によるパフォーマンスが披露される。また7月9日には吉開とO JUNのアーティストトークを開催。詳細は会場のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『ほったまるびより―O JUNと吉開菜央』

2016年7月9日(土)~9月10日(土)
会場:愛知県 名古屋 Minatomachi POTLUCK BUILDING 3F Exhibition Space

時間:11:00~19:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日:日、月曜、祝日(8月11日は開館)
料金:無料

  • HOME
  • Art,Design
  • 吉開菜央の「映像」×O JUNの「絵」の出会い、『ほったまるびより』展

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて