ゴダールとの出会いを綴った元妻の自伝的小説、解説は山内マリコ

アンヌ・ヴィアゼムスキーの自伝的小説『彼女のひたむきな12カ月』が、7月8日に刊行される。

女優としてジャン=リュック・ゴダール監督『中国女』『ウイークエンド』、ピエル・パオロ・パゾリーニ監督『テオレマ』などに出演したほか、作家や映画監督としても活動している1947年生まれのヴィアゼムスキー。20歳の頃、アンナ・カリーナとの夫婦生活を解消していたゴダールと結婚し、1979年に離婚した。

『彼女のひたむきな12カ月』は、受験勉強に励んでいた19歳のヴィアゼムスキーがゴダールに手紙を送ったことをきっかけに、運命が変わっていく様を描いた作品。フランソワ・トリュフォーやジャン=ピエール・レオー、ジャック・リヴェット、ジャンヌ・モロー、哲学者のフランシス・ジャンソン、映画評論家のミシェル・クルノといった人々に囲まれて過ごした1年間が綴られている。日本語訳は原正人、解説は作家の山内マリコ。

書籍情報

『彼女のひたむきな12カ月』

2016年7月8日(金)発売
著者:アンヌ・ヴィアゼムスキー
訳者:原正人
価格:2,592円(税込)
発行:DU BOOKS

amazonで購入する

 

  • HOME
  • Book
  • ゴダールとの出会いを綴った元妻の自伝的小説、解説は山内マリコ

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて