「ミサミサ」戸田恵梨香がノートを手に、『デスノートLNW』新写真

映画『デスノート Light up the NEW world』の新たな場面写真が公開された。

公開されたのは、戸田恵梨香演じる「ミサミサ」こと弥海砂が楽屋でデスノートを手にしている様子を捉えた場面写真。かつてキラを崇拝し、夜神月の恋人であった海砂は、10年前にデスノートを所有していたが、後に所有権をなくし、デスノートに関する記憶を失っているという役どころ。アイドルだった10年前に月とLの死闘を目撃しており、現在は女優として活動しているという設定だ。

10月29日から全国で公開される『デスノート Light up the NEW world』は、月とLの戦いから10年後の世界を舞台に、地上に存在する6冊のデスノートを巡る争奪戦を描く作品。キャストには戸田に加え、デスノート対策本部特別チームの捜査官・三島創役の東出昌大、世界的私立探偵・竜崎役の池松壮亮、狂気の天才サイバーテロリスト・紫苑優輝役の菅田将暉、デスノートで無差別殺人を実行する青井さくら役の川栄李奈、デスノートを所持する裁判官・御厨賢一役の船越英一郎が名を連ねている。

作品情報

『デスノート Light up the NEW world』

2016年10月29日(土)から丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国公開

監督:佐藤信介
脚本:真野勝成
原作:大場つぐみ、小畑健『デスノート』(集英社)
出演:
東出昌大
池松壮亮
菅田将暉
川栄李奈
戸田恵梨香
ほか
声の出演:中村獅童
配給:ワーナー・ブラザース映画

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 「ミサミサ」戸田恵梨香がノートを手に、『デスノートLNW』新写真

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて