Nerhol個展、「街路樹」モチーフの新シリーズをカタログ見開きで比較

Nerholの展覧会『roadside tree - Printed Matter』が、7月18日まで東京・恵比寿のPOSTで開催されている。

2007年に結成されたNerholは、彫刻家の飯田竜太とグラフィックデザイナーの田中義久によるアーティストユニット。8月28日まで石川・金沢21世紀美術館で個展『Promenade』を開催しており、伐採処分された街路樹をモチーフとした新作シリーズ『multiple - roadside tree』を発表している。

『roadside tree - Printed Matter』展では、『Promenade』展のカタログを見開いた状態で並列させるインスタレーションを展示。同書には、街路樹を薄く輪切りにして撮影した写真の束を彫り込んだ『multiple - roadside tree』の作品が47点収録されており、POSTの会場では同作のバリエーションを見比べることができる。

イベント情報

Nerhol
『roadside tree - Printed Matter』

2016年7月5日(火)~ 7月18日(月・祝)
会場:東京都 恵比寿 POST

時間:12:00~20:00
休廊日:月曜(祝日の場合は開廊)
料金:無料

クロージングパーティー
2016年7月18日(月・祝)19:00~21:00
会場:東京都 恵比寿 POST

  • HOME
  • Art,Design
  • Nerhol個展、「街路樹」モチーフの新シリーズをカタログ見開きで比較

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて