ニュース

ファッション誌『STUDY』による展示、写真家やブランドなど10組参加

『STUDY展(本番)』ビジュアル
『STUDY展(本番)』ビジュアル

『STUDY展(本番)』が、7月17日まで東京・代々木八幡のWDI. Galleryで開催されている。

インディペンデントファッション誌『STUDY』による同展。『STUDY』編集人・長畑宏明のキュレーションで集まった作家たちによる合同展示と物販で構成される。6月から展示内容が日々アップデートされる形式で行なわれており、今回全ての展示と物販が出揃った形で「本番」として開催される。

参加作家は写真家の北山景一、川谷光平、岩本良介、朝倉圭祐、伊丹豪、映像作家・小説家の内田俊太郎をはじめ、tac:tac×花房遼、KEISUKEYOSHIDA×草野庸子、小浜晴美×瑞乃サリー、星野泰平の10組。開場時間がスタッフのスケジュールによって変動することがあるため、来場前にオフィシャルTwitterアカウントもしくはInstagramで確認しよう。

イベント情報

『STUDY展(本番)』

2016年7月8日(金)~7月10日(日)、7月15日(金)~7月17日(日)
会場:東京都 代々木八幡 WDI. Gallery

時間:12:00~21:00(日によって変動あり)
参加作家:
北山景一
川谷光平
岩本良介
朝倉圭祐
tac:tac×花房遼
KEISUKEYOSHIDA×草野庸子
伊丹豪
小浜晴美×瑞乃サリー
星野泰平
内田俊太郎
※伊丹豪は7月15日から参加

『STUDY展(本番)』会場外観
『STUDY展(本番)』会場外観
『STUDY展(本番)』会場内観
『STUDY展(本番)』会場内観
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ゲット・アウト』予告編

10月27日に日本での公開を控える新感覚ホラー『ゲット・アウト』の予告編。人種差別が大きなテーマとなる本作は、2月にアメリカで公開されると、大反響を巻き起こした。チャンス・ザ・ラッパーにいたっては、シカゴの映画館で1日分の鑑賞チケットを買い占め、ファンを無料で招待するほどの惚れ込みようだとか。上映が待ち遠しい。(久野)