原田マハ『本日は、お日柄もよく』連ドラ化、監督は『半落ち』佐々部清

原田マハの小説『本日は、お日柄もよく』がドラマ化され、WOWOWで放送されることがわかった。

『本日は、お日柄もよく』は、結婚式やプレゼンテーション、政権演説などのスピーチ原案を考えるスピーチライターを題材にした作品。夢や目標がなかったOLがスピーチライターに挑み、成長していく様を描く。

ドラマ版では、映画『半落ち』の佐々部清がメガホンを取る。タイトルは『連続ドラマW 本日は、お日柄もよく』。キャストや放送時期は後日発表される予定だ。

原田マハのコメント

本作を書き始めたのは8年前、オバマ大統領候補(当時)の大統領選でのスピーチが話題になっていた頃です。言葉で人を感動させ、世界を変えることが可能なのだということが、本作を通して伝えたかったメッセージです。映像を頭に浮べつつ書いていたこともあり、映像化されたらいいなと思っていたので、ドラマ化のお話はうれしく受け止めました。
ドラマになってよりたくさんの人々に「言葉の力」が伝わることを期待しています。

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 原田マハ『本日は、お日柄もよく』連ドラ化、監督は『半落ち』佐々部清

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて