小沢健二、寺山修司ら12組、パルコミュージアム最後を飾る展覧会

展覧会『SHIBUYA, Last Dance_』が7月29日から東京・渋谷のパルコミュージアムで開催される。

同展は、パルコパート1、パート3の建て替え、一時休業に伴って8月7日に一度営業を終了させるパルコミュージアムの最後の展覧会。1973年のオープン以来、時代ごとに渋谷パルコと深く関わった12組のアーティストやミュージシャン、ファッションブランドが参加する。

参加アーティストは、伊藤桂司、井上嗣也、小沢健二、佐藤可士和、しりあがり寿、寺山修司、東京スカパラダイスオーケストラ、日比野克彦、森山大道、HOMME PLISSE ISSEY MIYAKE、TOMATO、Ground Y。

会場では「Last,Dance_」をテーマに、新作の発表や旧作からテーマに沿った作品の展示が行なわれ、絵画、グラフィック、立体、写真、映像、音楽、衣装、エッセイなど幅広い展示内容となる。また森山と井上のコラボレーションによる展覧会ポスターの豪華版が限定販売される。

会期中は参加作家をはじめ、渋谷パルコと関わりのあるアーティストによるトークやアートインスタレーション、ライブなども開催。スケジュールなどの詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『SHIBUYA, Last Dance_』

2016年7月29日(金)~8月7日(日)
会場:東京都 渋谷 パルコミュージアム

時間:10:00~21:00(入場は閉場の30分前まで)
参加作家:
伊藤桂司
井上嗣也
小沢健二
佐藤可士和
しりあがり寿
寺山修司
東京スカパラダイスオーケストラ
日比野克彦
森山大道
HOMME PLISSE ISSEY MIYAKE
TOMATO
Ground Y
料金:無料

  • HOME
  • Art,Design
  • 小沢健二、寺山修司ら12組、パルコミュージアム最後を飾る展覧会

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて