ニュース

榮榮&映里の写真と袁廣鳴のビデオアートが並ぶ『記憶の円環』展

榮榮&映里『妻有物語 No.7-1 2012年』 ゼラチン・シルバー・プリント
榮榮&映里『妻有物語 No.7-1 2012年』 ゼラチン・シルバー・プリント

榮榮&映里と袁廣鳴の展覧会『記憶の円環|榮榮&映里と袁廣鳴の映像表現』が、7月23日から茨城・水戸芸術館現代美術ギャラリーで開催される。

中国・北京を拠点に活動する中国人と日本人の写真家ユニット・榮榮&映里と、台湾のビデオアートの先駆者として知られる袁廣鳴。同展では展示空間を二つに分け、それぞれの個展のように空間が構成されるという。

中国の社会的現実と彼らの生活を写した作品や、自身の身体を媒体として人と自然との関係性を表現する榮榮&映里は、『大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2012』で発表した『妻有物語』を中心に家族や人への愛をテーマにした作品を発表。袁廣鳴はケーブルカムを使用した作品や超速度撮影された作品など大規模な映像インスタレーションを展示するという。7月23日にはアーティストトークが開催予定だ。

イベント情報

『記憶の円環|榮榮&映里と袁廣鳴の映像表現』展

2016年7月23日(土)~9月19日(月・祝)
会場:茨城県 水戸芸術館 現代美術ギャラリー

時間:9:30~18:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(9月19日は開館)
料金:一般800円
※中学生以下、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料

袁廣鳴 『エネルギーの風景―静態』2014年 デジタル加工写真
袁廣鳴 『エネルギーの風景―静態』2014年 デジタル加工写真
榮榮&映里『草場地、北京 2004年 No.2』 ゼラチン・シルバー・プリントに手彩色
榮榮&映里『草場地、北京 2004年 No.2』 ゼラチン・シルバー・プリントに手彩色
榮榮&映里『六里屯、北京 2003年 No.1』 ゼラチン・シルバー・プリントに手彩色
榮榮&映里『六里屯、北京 2003年 No.1』 ゼラチン・シルバー・プリントに手彩色
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Yackle“ココナッツ(feat. ちゃんもも◎ from バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI & カルロスまーちゃん)”

現役高校生・Yackleの初フルアルバム収録曲“ココナッツ”のライブ映像。浮遊感あるサウンドに、ちゃんもも◎とカルロスまーちゃんが呪文を乗せたような1曲。歌詞にある「ぐにゃぐにゃに見えるプール」の中にいるような、不思議な世界観に引き込まれる。Yackle自身がヨーヨーを華麗にプレイするシーンなど、音源では味わえないパフォーマンスにも注目したい。(岡本)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」