ニュース

吉沢亮の初主演映画『サマーソング』、共演に浅香航大、赤澤燈ら

『サマーソング』 ©映画「サマーソング」製作委員会
『サマーソング』 ©映画「サマーソング」製作委員会

映画『サマーソング』が、9月17日から東京・シネマート新宿ほか全国で順次公開される。

『サマーソング』は、父親を事故で亡くしたことをきっかけに、夢中になっていたサーフィンをやめてしまったイッチーこと市原健一の葛藤や、親友たちとの友情などを描いた青春映画。

サーフィンをやめ、夢中でアイドルを追いかけているイッチ―役には、特撮ドラマ『仮面ライダーフォーゼ』でも注目を集めた吉沢亮がキャスティングされている。吉沢が映画で主演を務めるのは同作が初めて。共演には浅香航大、赤澤燈、筧美和子、丸高愛実、天野麻菜、和田琢磨、馬場良馬が名を連ねている。監督・脚本はドラマ『ROOKIES』などの中前勇児。

吉沢亮のコメント

青春を謳歌出来なかった人。周りの環境がどんどん変わって、自分だけが置いてけぼりな気がする人。
あと一歩が踏み出せない人。そんな人たちの背中を押す力の1つになれれば嬉しいかなと思います。男ってどこまでもバカで愛おしい生き物だなと、感じてもらえる作品です。

中前勇児監督のコメント

若手俳優で人気の吉沢亮さんを主演に迎え、これまでの吉沢さんとは違い、男の色気と垣間見せる少年の可愛さが魅力の作品。そこに取り巻く仲間の友情、人間関係、熱い絆で結ばれていく青春ストーリーです。ぜひご覧頂きたいです。

作品情報

『サマーソング』

2016年9月17日(土)からシネマート新宿ほか全国順次公開

監督・脚本:中前勇児
主題歌:1 FINGER“ヤシの木 ~Sha la la~”
出演:
吉沢亮
浅香航大
赤澤燈
筧美和子
丸高愛実
天野麻菜
和田琢磨
馬場良馬
配給:クラスター

『サマーソング』 ©映画「サマーソング」製作委員会
『サマーソング』 ©映画「サマーソング」製作委員会
『サマーソング』 ©映画「サマーソング」製作委員会
『サマーソング』 ©映画「サマーソング」製作委員会
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 1

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために

  2. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 2

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る

  3. 清原果耶初主演のNHKドラマ『透明なゆりかご』が全10話一挙再放送 3

    清原果耶初主演のNHKドラマ『透明なゆりかご』が全10話一挙再放送

  4. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 4

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  5. 高城晶平×折坂悠太 期待を引き受け、裏切りながら大舞台へと進む 5

    高城晶平×折坂悠太 期待を引き受け、裏切りながら大舞台へと進む

  6. 殺人鬼役のセカオワFukaseが描く「巨大油絵」、『キャラクター』シーン画像 6

    殺人鬼役のセカオワFukaseが描く「巨大油絵」、『キャラクター』シーン画像

  7. 俳優・山崎皓司が挑む百姓ライフスタイル。試行錯誤の実践を辿る 7

    俳優・山崎皓司が挑む百姓ライフスタイル。試行錯誤の実践を辿る

  8. NiziUが新曲“I AM”にあわせて「ミストダンス」 コーセー新CMオンエア 8

    NiziUが新曲“I AM”にあわせて「ミストダンス」 コーセー新CMオンエア

  9. 藤井 風のカバー集『HELP EVER HURT COVER』復刻リリース 9

    藤井 風のカバー集『HELP EVER HURT COVER』復刻リリース

  10. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 10

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは