漫画『キングダム』の展覧会、作者・原泰久の故郷佐賀で開催

漫画『キングダム』の展覧会『キングダム展 in 佐賀』が、7月30日から佐賀・佐賀県立美術館で開催される。

『週刊ヤングジャンプ』で連載中の『キングダム』は、中国の春秋戦国時代を舞台に、天下一の将軍になることを夢見る秦国の少年・信や、後に始皇帝になる秦国王・政らが織り成す物語を描いた作品。

作者・原泰久の地元である佐賀で開催される『キングダム展 in 佐賀』では、複製原画やカラーイラスト、絵コンテの展示、連載10周年を記念して制作された実写映像の上映を実施するほか、作中に登場する河了貂が『キングダム』連載の歴史を紹介するコーナーを設置。さらに同展限定のオリジナルグッズも販売される。なお『キングダム』の展覧会が美術館で行なわれるのは同展が初となる。

また初日となる7月30日にはオープニングセレモニーを開催。原とケンドーコバヤシが登壇する予定だ。

イベント情報

『キングダム展 in 佐賀』

2016年7月30日(土)~9月4日(日)
会場:佐賀県 佐賀県立美術館 2号・3号展示室

時間:9:30~18:00(7月30日のみ10:30開館)
休館日:月曜
料金:無料

  • HOME
  • Art/Design
  • 漫画『キングダム』の展覧会、作者・原泰久の故郷佐賀で開催

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて