ニュース

湊かなえ原作ドラマ『望郷』に水野美紀、田中圭、椎名桔平、内山理名ら

湊かなえ原作のドラマ『望郷』の追加キャストが発表された。

年内にテレビ東京系で放送される『望郷』は、瀬戸内海に浮かぶ島で生まれ育った人々の人間模様を描いた湊の連作ミステリー短編集『望郷』が原作。広末涼子主演の『みかんの花』、伊藤淳史主演の『海の星』、濱田岳主演の『雲の糸』の3作品から構成されるオムニバスドラマだ。

『みかんの花』の追加キャストとして発表されたのは、広末演じる主人公・富田美里の姉・笙子役の水野美紀、美里の初恋の相手・奥寺健一役の田中圭、美里と笙子の母・安江役の倍賞美津子。また水橋研二、山口まゆ、中村靖日、田辺桃子も出演する。

『海の星』には、伊藤淳史演じる浜崎洋平の母・佳子役の若村麻由美や洋平の少年期を演じる加藤清史郎、洋平がかつて慕っていた漁師・真野幸作役の椎名桔平をはじめ、橋本じゅん、平山あや、紺野まひる、平祐奈、モト冬樹が出演。

『雲の糸』の追加キャストには、濱田岳演じる人気歌手・黒崎ヒロタカの姉で、2人の母がかつて犯した罪の真相を知る亜矢役の内山理名、母・律子役の麻生祐未に加え、井頭愛海、西岡徳馬、渚あきが名を連ねている。

水野美紀のコメント

「みかんの花」は、島で暮らすごく普通の家族の、過去に封印したある事件の記憶を紐解くミステリーです。
「大切なものを守るために」囚われ、足を踏み外す人間の機微を、因島の美しい景色が包み込んでいます。ぜひ、お楽しみください。

若村麻由美のコメント

ある日突然、いなくなった夫を探す為、歩き続ける半生は過酷でした。
因島の夕焼けと美しい海が切なく迫り忘れられません。
ぜひ、ご覧頂きたいです。

椎名桔平のコメント

湊かなえさんの短編小説をドラマ化するので、その中の一編「海の星」の、オッサンという島の漁師役をやらないかという依頼を頂いた。
以前、湊さん原作の連続ドラマ「N のために」を見て感銘を受けていた私は、二つ返事でお引き受けした。
「海の星」はサスペンスであるものの、ますますデジタル化していく現代への警鐘を感じさせる人間ドラマだと唸り、その珠玉の物語を、自身初となる漁師役を通して大いに楽しませて頂きました。

内山理名のコメント

今回、湊かなえさんの作品に初参加させて頂き、その舞台が湊さんが生まれ育った因島ということで、肌で島の空気を感じながら演じる事が出来たことは、とても贅沢な時間でした。
私は濱田岳さん演じるヒロタカの姉を演じさせて頂きましたが、深く閉ざしているヒロタカの心を姉でしか出来ないやり方でぶつかっていくラストシーンは、言葉ひとつひとつ大事に演じさせて頂きました。そしてこの因島を感じさせるラストシーンを撮りながら海に夕陽が落ちていく瞬間は、主人公ヒロタカの生きようとしている力強さと一体になり、是非皆さんに見て欲しいシーンです。

イベント情報

六本木3丁目移転プロジェクト ドラマスペシャル
湊かなえサスペンス『望郷』

2016年にテレビ東京系で放送

『みかんの花』
監督:新城毅彦
脚本:浅野妙子
原作:湊かなえ『望郷』所収『みかんの花』(文春文庫)
出演:
広末涼子
水野美紀
田中圭
水橋研二
山口まゆ
中村靖日
田辺桃子
倍賞美津子
ほか

『海の星』
監督:中前勇児
脚本:大島里美
原作:湊かなえ『望郷』所収『海の星』(文春文庫)
出演:
伊藤淳史
若村麻由美
加藤清史郎
平山あや
紺野まひる
橋本じゅん
平祐奈
モト冬樹
椎名桔平
ほか

『雲の糸』
監督:藤井道人
脚本:小寺和久
原作:湊かなえ『望郷』所収『雲の糸』(文春文庫)
出演:
濱田岳
内山理名
渚あき
井頭愛海
西岡徳馬
麻生祐未
ほか

水野美紀 ©テレビ東京
水野美紀 ©テレビ東京
田中圭 ©テレビ東京
田中圭 ©テレビ東京
椎名桔平 ©テレビ東京
椎名桔平 ©テレビ東京
内山理名 ©テレビ東京
内山理名 ©テレビ東京
画像を拡大する(11枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」