『Tokyo Midtown DESIGN TOUCH』にライゾマの大型インスタレーション

デザインイベント『Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2016』が、10月14日から東京・六本木の東京ミッドタウンで開催される。

今年は「ひろがるデザイン」をテーマに据える同イベント。メインイベントとしてRhizomatiksが新たに発足する建築部門「Rhizomatiks Architecture」による大型インスタレーション『CURTAIN WALL THEATRE』を展開する。

『CURTAIN WALL THEATRE』は、芝生広場に巨大なカーテンが並ぶインスタレーション。来場者1人がヘッドセットを装着し、その人の脳波によってカーテンが開閉する仕組みになっている。

また会期中は、次世代を担うアーティストとデザイナーの発掘と支援を目的とする『Tokyo Midtown Award 2016』の受賞作品を発表。応募作品から選出された14作品が展示されるほか、10月14日に授賞式を行なう。さらにデザインに関連する本を集めた『デザインブックラウンジ』や、公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会・JAGDAのデザイナーと日本の伝統工芸のコラボレーション展示といったプログラムも行なわれる。

イベント情報

『Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2016』

2016年10月14日(金)~11月6日(日)
会場:東京都 六本木 東京ミッドタウン

  • HOME
  • Art,Design
  • 『Tokyo Midtown DESIGN TOUCH』にライゾマの大型インスタレーション

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて