ニュース

宮沢りえがオダギリをおたまで叩く、『湯を沸かすほどの熱い愛』予告編

映画『湯を沸かすほどの熱い愛』の予告編が公開された。

10月29日から公開される同作は、余命を宣告された主人公の双葉が、家族から全ての秘密をなくすために「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく様を描く作品。双葉役を宮沢りえが演じるほか、双葉の娘・安澄役に杉咲花、双葉の夫役にオダギリジョー、旅先で双葉と出会う青年・拓海役に松坂桃李がキャスティングされている。監督は『チチを撮りに』などの中野量太。

予告編では、余命を宣告された双葉が家出した夫を見つけておたまで頭を叩くシーンや、家族で家業の銭湯を再開させる様子、学校でいじめられている安澄と衝突する場面、家族に土下座をする夫の姿などが映し出されている。また拓海役の松坂桃李の姿も確認できるほか、家族が双葉にしたある「秘密」の存在が明らかにされている。さらにきのこ帝国による主題歌“愛のゆくえ”も初公開された。

作品情報

『湯を沸かすほどの熱い愛』

2016年10月29日(土)から新宿バルト9ほか全国公開

監督・脚本:中野量太
主題歌:きのこ帝国“愛のゆくえ”
出演:
宮沢りえ
杉咲花
篠原ゆき子
駿河太郎
伊東蒼
松坂桃李
オダギリジョー
配給:クロックワークス

『湯を沸かすほどの熱い愛』ポスタービジュアル ©2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会
『湯を沸かすほどの熱い愛』ポスタービジュアル ©2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会
『湯を沸かすほどの熱い愛』 ©2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会
『湯を沸かすほどの熱い愛』 ©2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー