ニュース

藤原竜也が山本裕典に淡い恋心、箱を並べ続ける2人の男描く舞台『鱈々』

舞台『鱈々』が10月7日から東京・天王洲の銀河劇場で上演される。

『鱈々』は韓国の劇作家・李康白が1993年に発表した4人芝居を栗山民也が演出する作品。倉庫で暮らし、中身を知らない箱を順番通りに並べるだけの単調な仕事を続けてきた2人の男ジャーンとキームの関係を軸に、キームの遊び相手ミス・ダーリンとその父の出現によって2人の日常に変化が訪れる様が描かれる。

与えられた仕事を完全にこなすことに自分の存在価値を見出し、仕事に励む一方で、キームに淡い恋心を抱くジャーン役を演じるのは藤原竜也。単調な生活に嫌気がさし、夜は外で女と遊ぶキーム役を山本裕典が演じる。さらにミス・ダーリン役に中村ゆり、ミス・ダーリンの父役に木場勝己がキャスティングされている。チケットは現在販売中。

なお同公演は11月に長野、大阪、鹿児島、福岡、静岡でも上演される。

イベント情報

『鱈々』

作:李康白
演出:栗山民也
翻訳:石川樹里
出演:
藤原竜也
山本裕典
中村ゆり
木場勝己

東京公演
2016年10月7日(金)~10月30日(日)全28公演
会場:東京都 天王洲 銀河劇場
料金:一般9,800円 U-25チケット5,500円

上田公演
2016年11月6日(日)全1公演
会場:長野県 上田 サントミューゼ
料金:
一般 S席8,400円 A席6,400円
U-25 S席4,200円 A席3,200円

塩尻公演
2016年11月8日(火)全1公演
会場:長野県 塩尻レザンホール 大ホール
料金:S席8,000円 A席6,000円

大阪公演
2016年11月12日(土)~11月15日(火)全5公演
会場:大阪府 新歌舞伎座
料金:S席9,800円 A席6,000円 特別席11,000円

鹿児島公演
2016年11月22日(火)全1公演
会場:鹿児島県 鹿児島市文化ホール 第2ホール
料金:
一般 S席7,500円 A席6,500円
高校生以下 S席3,800円 A席3,300円

福岡公演
2016年11月26日(土)、11月27日(日)全3公演
会場:福岡県 キャナルシティ劇場
料金:S席9,800円 A席8,000円

静岡公演
2016年11月29日(火)全1公演
会場:静岡県 静岡市清水文化会館 大ホール
料金:S席9,500円 A席8,500円

『鱈々』ビジュアル
『鱈々』ビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会