世界の「ガツン!とくる映画」を上映、大杉漣出演の韓国映画など4作品

特集上映『ワールド・エクストリーム・シネマ2016』が10月1日から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次開催される。

「世界中のガツン!とくる映画集めました」をテーマに2014年から開催されている『ワールド・エクストリーム・シネマ』。第3弾となる同イベントでは、韓国、カナダ、フランス、イタリアで製作された4作品を紹介する。

上映作品には、大杉漣が『オールド・ボーイ』で主演を務めたチェ・ミンシクと共演する韓国映画『隻眼の虎』、カナダ軍協力のもとアフガニスタンでの兵士の戦いを描いた『ハイエナ・ロード』、パリを拠点にする強盗団が主人公の『ザ・クルー』、『ヴェネチア国際映画祭』で主演男優賞と女優賞を受賞した『ハングリー・ハーツ』が並ぶ。上映4作品を紹介する予告動画も公開中だ。

イベント情報

『ワールド・エクストリーム・シネマ2016』

2016年10月1日(土)からヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次開催

上映作品:
『隻眼の虎』(監督:パク・フンジョン)
『ハイエナ・ロード』(監督:ポール・グロス)
『ザ・クルー』(監督:ジュリアン・ルクレルク)
『ハングリー・ハーツ』(監督:サヴェリオ・コスタンツォ)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 世界の「ガツン!とくる映画」を上映、大杉漣出演の韓国映画など4作品

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて