ティム・バートン新作『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』来年公開

ティム・バートン監督の映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』が2017年に全国で公開される。

ランサム・リグズの小説『ハヤブサが守る家』をもとにした同作。1940年9月3日を毎日繰り返している「奇妙なこどもたち」が暮らす秘密の隠れ家「ミス・ペレグリンの家」を舞台に、この世界に送り込まれた少年ジェイクが真実を解明するが、その後「奇妙なこどもたち」と世界に大きな変化が訪れるというあらすじだ。

ミス・ペレグリン役には、バートン監督の映画『ダーク・シャドウ』に出演したほか、2006年の映画『007 カジノ・ロワイヤル』でボンドガールを演じたエヴァ・グリーンがキャスティング。ジェイク役を『ヒューゴの不思議な発明』のエイサ・バターフィールドが演じるほか、共演者にはサミュエル・L・ジャクソン、エラ・パーネル、ジュディ・デンチ、テレンス・スタンプらが名を連ねている。

※記事掲載時、タイトルに誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

作品情報

『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』

2017年に全国で公開

監督:ティム・バートン
出演:
エヴァ・グリーン
エイサ・バターフィールド
サミュエル・L・ジャクソン
エラ・パーネル
ジュディ・デンチ
テレンス・スタンプ
配給:20世紀フォックス映画

  • HOME
  • Movie,Drama
  • ティム・バートン新作『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』来年公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて