ニュース

身体を再考する『BODY/PLAY/POLITICS』展にアピチャッポンら6作家

アピチャッポン・ウィーラセタクン『炎(扇風機)』2016年、シングル・チャンネル・ビデオ・インスタレーション Courtesy of Apichatpong Weerasethakul Apichatpong Weerasethakul, Fireworks (Fans), 2016 Courtesy of Apichatpong Weerasethakul
アピチャッポン・ウィーラセタクン『炎(扇風機)』2016年、シングル・チャンネル・ビデオ・インスタレーション Courtesy of Apichatpong Weerasethakul Apichatpong Weerasethakul, Fireworks (Fans), 2016 Courtesy of Apichatpong Weerasethakul

展覧会『BODY/PLAY/POLITICS』が、10月1日から神奈川・横浜美術館で開催される。

国内外6人のアーティストが、身体にまつわる映像インスタレーションや写真作品などを発表する同展。それぞれ異なった身体を持つ人々が暮らすこの世界を、美術から再考する試みになるという。

出品作家には、インカ・ショニバレMBE、イー・イラン、アピチャッポン・ウィーラセタクン、ウダム・チャン・グエン、石川竜一、田村友一郎の6組が名を連ねている。

なお、会期中にはライブパフォーマンスや、ダンスのワークショップなども予定されている。同テーマの連携プロジェクト『横浜ダンスコレクション2017』も2017年1月から開催。

イベント情報

『BODY/PLAY/POLITICS』

2016年10月1日(土)~12月14日(水)
会場:神奈川県 横浜美術館

時間:10:00~18:00(10月29日は20:30まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:木曜(11月3日は無料開館)、11月4日
出展作家:
インカ・ショニバレMBE
イー・イラン
アピチャッポン・ウィーラセタクン
ウダム・チャン・グエン
石川竜一
田村友一郎
料金:一般1,500円 大・高校生1,000円 中学生600円
※小学生以下無料

インカ・ショニバレMBE『さようなら、過ぎ去った日々よ』2011年、シングル・チャンネル・ビデオ Courtesy the artist and James Cohan Gallery, New York Yinka Shonibare MBE, Addio del Passato, 2011 Courtesy the artist and James Cohan Gallery, New York
インカ・ショニバレMBE『さようなら、過ぎ去った日々よ』2011年、シングル・チャンネル・ビデオ Courtesy the artist and James Cohan Gallery, New York Yinka Shonibare MBE, Addio del Passato, 2011 Courtesy the artist and James Cohan Gallery, New York
イー・イラン『サンタイ』2016年、ジクレー・プリント、106×205cm ©Yee I-Lann Yee I-Lann, Santai, 2016 ©Yee I-Lann
イー・イラン『サンタイ』2016年、ジクレー・プリント、106×205cm ©Yee I-Lann Yee I-Lann, Santai, 2016 ©Yee I-Lann
ウダム・チャン・グエン『ヘビの尻尾』より(部分)2015年、ビデオ・インスタレーション(3面) Courtesy of the artist. UuDam Tran Nguyen, from Serpents' Tails, 2015 ©UuDam Tran Nguyen. Courtesy of the artist.
ウダム・チャン・グエン『ヘビの尻尾』より(部分)2015年、ビデオ・インスタレーション(3面) Courtesy of the artist. UuDam Tran Nguyen, from Serpents' Tails, 2015 ©UuDam Tran Nguyen. Courtesy of the artist.
石川竜一『浦添、グッピーの手』2016年、インクジェット・プリント ©Ryuichi Ishikawa Ishikawa Ryuichi, Urasoe, The Hand of Guppy, 2016 ©Ryuichi Ishikawa
石川竜一『浦添、グッピーの手』2016年、インクジェット・プリント ©Ryuichi Ishikawa Ishikawa Ryuichi, Urasoe, The Hand of Guppy, 2016 ©Ryuichi Ishikawa
田村友一郎『裏切りの海』より、2016年 Tamura Yuichiro, from Milky Bay, 2016
田村友一郎『裏切りの海』より、2016年 Tamura Yuichiro, from Milky Bay, 2016
画像を拡大する(11枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“テーブル”

The Wisely Brothersの新アルバム『Captain Sad』から、リード曲“テーブル”のMVが公開。監督は新進気鋭のアートチーム「chua」。目の前に座っていても視線は交わされない、ひりつくように愛おしい時間は自分の記憶にも確かに存在していて、なんとも切ない気持ちに。ちょっとドリーミーなのも癖になる。<ふたつが重なることはない どうしてもそれぞれは なくなるコーヒーを見て歌おう>というフレーズ、このアルバムに通して漂う悲哀と希望がぎゅっと詰まっているよう。(石澤)

  1. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 1

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  2. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 2

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  3. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 3

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  4. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 4

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  5. 大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性 5

    大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性

  6. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 6

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  7. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 7

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  8. 『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕 8

    『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕

  9. 三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義 9

    三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義

  10. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 10

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演