ニュース

みうらじゅん&前野健太『変態だ』音楽集、一夜限りの『変態だ祭』も

みうらじゅん&前野健太『映画「変態だ」音楽全集』ジャケット
みうらじゅん&前野健太『映画「変態だ」音楽全集』ジャケット

映画『変態だ』のサウンドトラック『映画「変態だ」音楽全集』が、11月23日にリリースされる。

12月10日から全国で順次公開される『変態だ』は、みうらじゅんが企画・原作、安齋肇が監督を務める作品。妻子がいながら愛人・薫子との関係を絶てずにいるミュージシャンの男を描く、18歳未満鑑賞禁止の「青春ロックポルノムービー」た。主演を前野健太が務める。

「みうらじゅん&前野健太」名義でリリースされる『映画「変態だ」音楽全集』は、映画の音楽監督である古田たかしがプロデュース。前野が映画にインスピレーションを受けて制作した劇中では使用されていないイメージソング“変態か”に加え、前野、Shige、奥野瑛太による劇中バンド「不合格通知」が演奏、みうらじゅんが作詞・作曲を手掛けた主題歌“ジェレミー”の別バージョン“十年後のジェレミー”、みうらと前野がボーカルを担当した亀本寛貴(GLIM SPANKY)作曲のエンディングテーマ“Kill Bear”など全24曲が収められる。

さらに映画に出演する月船さららと白石茉莉奈が歌う前野の楽曲“ファックミー”、ウクレレえいじによる“Kill Bear”のウクレレバージョン、みうらと安齋によるラジオなども収録。桜井秀俊(真心ブラザーズ)も参加しているほか、シークレットトラックも用意されているという。

11月30日には、映画の公開とサウンドトラックのリリースを記念したイベント『変態だ祭』が、東京・渋谷のMt.RAINIER HALL PLEASURE PLEASUREで開催。前野、安齋、みうら、ウクレレえいじ、古田たかし、柳沢二三男、Shigeが出演し、“変態か”や“ジェレミ―”“Kill Bear”などを披露する。チケットの先行予約は10月4日まで受付中。

リリース情報

みうらじゅん&前野健太
『映画「変態だ」音楽全集』(CD)

2016年11月23日(水・祝)発売
価格:2,592円(税込)
SPACE SHOWER MUSIC / PECF-1143

1. Kill Bear(日本語 Ver.)
2. 変態か
3. ウェルカムシタール
4. ジェレミー
5. ファックミー(月船さらら Ver.)
6. ローターブルース
7. レッドツベルクリンのテーマ
8. 梅津さんのジングルベル
9. 吊られてアルペジオ
10. 逃避行進曲-Emergency & Trail-
11. ラジオ「クリスマスの決まり手」
12. 現金書留の唄
13. Kill Bear(Ukulele Ver.)
14. 夜明けのベランダ
15. シーチキンブルース
16. ファックミー(白石茉莉奈 Ver.)
17. メリーさんのひつじ
18. Mallet & Beater
19. ゆるゆるキャラ音頭
20. サーフ&ロック
21. 覚醒のエレキギター
22. ファックミー(前野健太with梅津和時)
23. 十年後のジェレミー
24. Kill Bear(Eng Ver.)
※シークレットトラック収録

イベント情報

映画『変態だ』公開&音楽全集発売記念
『変態だ祭』

2016年11月30日(水)
会場:東京都 渋谷 Mt.RAINIER HALL PLEASURE PLEASURE

出演:
前野健太
安齋肇
みうらじゅん
ウクレレえいじ
古田たかし
柳沢二三男
Shige
料金:前売3,800円(ドリンク別)

作品情報

『変態だ』

2016年12月10日(土)から新宿ピカデリーほか全国順次公開

監督:安齋肇
脚本:みうらじゅん、松久淳
原作:みうらじゅん『変態だ』
主題歌:不合格通知“ジェレミー”
エンディングテーマ:みうらじゅん、前野健太“Kill Bear”
音楽:前野健太
出演:
前野健太
月船さらら
白石茉莉奈
ほか
配給:松竹ブロードキャスティング、アーク・フィルムズ

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察