ニュース

ボウイ回顧展『DAVID BOWIE is』詳細判明、北野武や坂本龍一の映像も

『DAVID BOWIE is』メインビジュアル
『DAVID BOWIE is』メインビジュアル

デヴィッド・ボウイの回顧展『DAVID BOWIE is』の展示構成が発表された。

存命であればボウイの70歳の誕生日となる2017年1月8日から東京・品川の寺田倉庫G1ビルで開催される同展。イギリス・ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館で2013年に行なわれた展覧会の巡回展となる。

ボウイの魅力と約50年間にわたる創作活動を300点を超える展示品を通して振り返る同展は、ファッション、音楽、デザイン、演劇、アート、フィルムのカテゴリで構成。ボウイのパフォーマンス映像や様々な衣装を展示するほか、親日家であったボウイが日本文化から受けた影響やクリエイターとのコラボレーションを紹介する。来場者には入場時に専用のヘッドホンが配布され、楽曲やインタビューを聴きながら展示を鑑賞することができる。

さらに日本独自のコーナーも登場。映画『戦場のメリークリスマス』の映像を上映するほか、同作でボウイと共演した北野武、坂本龍一が当時を振り返りながらボウイについて語った撮り下ろしのインタビュー映像を上映する。また会場では世界の巡回展で販売された展覧会グッズや日本限定の商品も多数販売される予定だ。

チケットの先行予約は10月16日まで抽選で受付中。限定トートバッグ付きチケットも用意される。今回販売されるチケットは会期冒頭の1月8日から1月10日までの入場分が対象となる。そのほかの一般発売日の10月28日10:00から順次販売される。

※記事掲載時、一部表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

イベント情報

『DAVID BOWIE is』

2017年1月8日(日)~4月9日(日)
会場:東京都 品川 寺田倉庫 G1ビル

時間:10:00~20:00(金曜は21:00まで、最終入場は閉場の1時間前)
休館日:月曜(1月9日、3月20日、3月27日、4月3日は開館)
料金:
一般 前売2,200円 当日2,400円
中高生 前売1,000円 当日1,200円
限定グッズ付 前売5,000円
ALL TIME 前売3,000円

『DAVID BOWIE is』より
『DAVID BOWIE is』より
『DAVID BOWIE is』より Striped bodysuit for the Aladdin Sane tour, 1973. Design by Kansai Yamamoto. Photograph by Masayoshi Sukita ©Sukita / The David Bowie Archive
『DAVID BOWIE is』より Striped bodysuit for the Aladdin Sane tour, 1973. Design by Kansai Yamamoto. Photograph by Masayoshi Sukita ©Sukita / The David Bowie Archive
『DAVID BOWIE is』より ©Eikon / G.Perticoni
『DAVID BOWIE is』より ©Eikon / G.Perticoni
『DAVID BOWIE is』より ©Eikon / G.Perticoni
『DAVID BOWIE is』より ©Eikon / G.Perticoni
画像を拡大する(13枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら