千住の街捉えたケント・ダールの写真展『銭湯哀歌、人情屋台、消えゆく昭和』

『銭湯哀歌、人情屋台、消えゆく昭和~ケント・ダールが歩いた千住~』展が、10月17日まで東京・北千住の仲町の家で開催されている。

『アートアクセスあだち 音まち千住の縁』のプログラムのひとつ『イミグレーション・ミュージアム・東京』の一環で行なわれる同展。美術家の岩井成昭が主宰する『イミグレーション・ミュージアム・東京』は、地域に居住する外国人との交流を通して企画されるアートプロジェクトだ。

『銭湯哀歌、人情屋台、消えゆく昭和~ケント・ダールが歩いた千住~』展では、デンマーク出身で千住在住のジャーナリストであるケント・ダールが1990年から2000年代に撮りためた千住の街の銭湯や煙突、街角の商店、飲食店などの写真を展示。古民家での写真展に加え、屋台による移動展示やダールによるトークなども行なわれる。

イベント情報

『銭湯哀歌、人情屋台、消えゆく昭和~ケント・ダールが歩いた千住~』

2016年10月1日(土)~10月17日(月) 会場:東京都 北千住 仲町の家
休廊日:火~金曜 料金:無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 千住の街捉えたケント・ダールの写真展『銭湯哀歌、人情屋台、消えゆく昭和』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて