ニュース

仏レーベルSARAVAHの50周年記念展、戸川純や大友良英ら出演ライブも

展覧会『ヨーロッパ最古のインディーズレーベルサラヴァレーベル50周年記念展』が、10月15日から東京・渋谷のアツコバルーで開催される。

1965年に創設されたフランスのインディーズレーベル、SARAVAH。『カンヌ国際映画祭』でグランプリを獲得したクロード・ルルーシュ監督作『男と女』の制作中に、同作に出演したピエール・バルーによって発足し、これまでにブリジット・フォンテーヌ、ジャック・イジュラン、ナナ・バスコンセロスといったアーティストをプロデュースしてきた。

SARAVAHの50周年を記念する同展では、同レーベルの歩みをレコードジャケットや写真、映像などの資料を通して紹介。また会期中にバルーらが来日し、同展に関連したイベントに参加する。

なお9月28日に、椎名林檎やカヒミ・カリィが参加したコンピレーションアルバム『SARAVAHの50年』がリリースされたほか、会期中の10月27日には戸川純、中納良恵(EGO-WRAPPIN')、大友良英らが出演するライブイベント『一期一会 ~サラヴァレーベル 50周年記念コンサート』が開催される。詳細はアツコバルーのオフィシャルサイトをチェックしよう。

SARAVAHレコードジャケット
SARAVAHレコードジャケット
ピエール・バルー
ピエール・バルー
『男と女』
『男と女』
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)