松山ケンイチが『デスノ』新作で再びLに、スピンオフ以来8年ぶり

映画『デスノート Light up the NEW world』の続報が発表された。

今回の続報では、松山ケンイチがこれまでの実写映画版でも演じた名探偵「L」役で登場することが判明。松山がL役を演じるのは、2008年のスピンオフ作品『L change the WorLd』以来となる。『デスノート Light up the NEW world』には、Lが自らデスノートを使用したことへの思いを池松壮亮演じる竜崎に明かすシーンもあるという。竜崎はLが生前残した遺伝子から生まれた後継者という設定だ。

松山はLを演じたことについて、「また久しぶりにLを演じる事が出来てとても嬉しく思っています。なれたのは3分だけでしたが。でもそれ以上なれない位自分にとって心身ともに遠い存在になっていました。このように自分の中のLを探す旅みたいな事が出来たのもこの作品のおかげだと思って感謝しています」とコメントしている。

10月29日から全国で公開される『デスノート Light up the NEW world』は、夜神月とLの戦いから10年後の世界を舞台に、地上に存在する6冊のデスノートを巡る争奪戦を描く作品。キャストには池松に加えて東出昌大、菅田将暉、川栄李奈、戸田恵梨香らが名を連ねている。主題歌と劇中歌は安室奈美恵が担当。

イベント情報

『デスノート Light up the NEW world』

2016年10月29日(土)から丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国公開
監督:佐藤信介 脚本:真野勝成 原作:大場つぐみ、小畑健『デスノート』(集英社) 主題歌:安室奈美恵“Dear Diary” 劇中歌:安室奈美恵“Fighter” 出演: 東出昌大 池松壮亮 菅田将暉 川栄李奈 戸田恵梨香 声の出演:中村獅童 配給:ワーナー・ブラザース映画
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 松山ケンイチが『デスノ』新作で再びLに、スピンオフ以来8年ぶり

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて