ニュース

本屋B&Bによる「本屋 EDIT TOKYO」が銀座に限定開店、編集者100人トークも

本屋B&Bによる店舗「本屋 EDIT TOKYO」が、11月1日に東京・銀座のソニービル6Fに期間限定オープンする。

2017年3月末まで営業予定の本屋 EDIT TOKYOは、「東京を編集する」をコンセプトに据えた書店兼イベントスペース。内沼晋太郎が代表を務めるNUMABOOKSと嶋浩一郎が代表を務める博報堂ケトルが共同経営する本屋B&Bの実績をもとにしながら、新たな取り組みに臨むという。

同店では「東京」をテーマにした選書コーナーの展開や、「東京の日用品」をセレクトしたアイテムの展示販売が行なわれるほか、書籍や雑誌、ウェブメディアの編集者を招いたトークイベント『100人の編集者による100夜のトークイベント』を月曜から金曜まで連日開催。第1回目は、雑誌『ぴあ』の初代編集長を務めた矢内廣が登壇する。参加方法は本屋 EDIT TOKYOのオフィシャルサイトで確認しよう。

本屋 EDIT TOKYO ロゴ
本屋 EDIT TOKYO ロゴ
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)