『文化庁メディア芸術祭20周年企画展― 変える力』、歴代受賞作が集合

『文化庁メディア芸術祭20周年企画展― 変える力』が、10月15日から東京・秋葉原のアーツ千代田3331ほかで開催される。

今年で20周年を迎える『文化庁メディア芸術祭』の歩みを紹介する同展。「変化」をキーワードに選ばれた歴代受賞作品を一挙に展示・上映するほか、マンガ部門の受賞作品を全巻閲覧できるライブラリーも設置される。また歴代受賞者らが出演するイベントやワークショップも開催する。

展示作品には、スイスのアートユニットCod.Actによるミュージックパフォーマンス『Pendulum Choir』、成長するタマネギをレーザーで測定してリアルタイムに複製する動的インスタレーション『growth modeling device』といったアート部門の大賞作品や、テレビゲーム、漫画、ミュージックビデオや映画などを含む映像作品がラインナップされる。

イベント情報

『文化庁メディア芸術祭20周年企画展― 変える力』

2016年10月15日(土)~11月6日(日) メイン会場:東京都 秋葉原 アーツ千代田3331、初台 NTTインターコミュニケーション・センター、秋葉原 UDX THEATER、六本木 国立新美術館、日比谷 千代田区立日比谷図書文化館 料金:無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 『文化庁メディア芸術祭20周年企画展― 変える力』、歴代受賞作が集合

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて