リンクレイター初期作やL・V・トリアー甥の監督作も、青春映画特集に5本

『AUTUMN VACATIONS 未公開青春映画特集!! VOL.2』が、11月5日からから京都・立誠シネマで開催される。

劇場未公開作および京都初上映となる青春映画を特集する同イベント。上映作品は、リチャード・リンクレイターが16ミリフィルムで制作した初期作品『スラッカー』や、ルーニー・マーラ、ブリー・ラーソンらが出演する『タナーホール』、女優としても活動するメラニー・ロランの監督作『呼吸―友情と破壊』、ラース・フォン・トリアーの甥ヨアキム・トリアー監督の『オスロ、8月31日』、実在の人物をモデルに1960年代後半のイギリスを描いた青春映画『ウィズネイルと僕』の5作品となる。

会期中には加地猛(100000tアローントコ)による野外マーケット『さよなら、こーばいのオバちゃん』などを開催。上映スケジュールや関連イベントの詳細は立誠シネマプロジェクトのオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『AUTUMN VACATIONS 未公開青春映画特集!! VOL.2』

2016年11月5日(土)~11月11日(金) 会場:京都府 立誠シネマ
上映作品: 『スラッカー』(監督:リチャード・リンクレイター) 『呼吸―友情と破壊』(監督:メラニー・ロラン) 『タナーホール』(監督:フランチェスカ・グレゴリーニ、タチアナ・フォン・ファステンバーグ) 『オスロ、8月31日』(監督:ヨアキム・トリアー) 『ウィズネイルと僕』(監督:ブルース・ロビンソン) 料金:1,500円 ※『呼吸―友情と破壊』のみクラブ・フランス会員1,200円
  • HOME
  • Movie,Drama
  • リンクレイター初期作やL・V・トリアー甥の監督作も、青春映画特集に5本

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて