フランス初の黒人芸人と相方・白人芸人の絆、実話映画『ショコラ』

映画『ショコラ ~君がいて、僕がいる~』が2017年に東京・シネスイッチ銀座ほか全国で公開される。

同作は20世紀初頭に実在したフランス初の黒人芸人・ショコラを主人公に据える伝記映画。人気を博しながらも人種差別の現実に直面するショコラと、彼と苦楽を共にする相方・フティットの半生を描く。脚本は社会史家ジェラール・ノワリエルの研究書をベースに書かれたという。

ショコラ役を演じるオマール・シーは、映画『最強のふたり』に出演し、黒人として初めて『セザール賞』主演男優賞を受賞した俳優。フティット役にはチャールズ・チャップリンの実孫で、パフォーマーとしても活動するジェームス・ティエレがキャスティングされている。監督をロシュディ・ゼムが務めた。

なお現在、同作の特報映像が公開されている。

作品情報

『ショコラ ~君がいて、僕がいる~』

2017年にシネスイッチ銀座ほか全国で公開
監督:ロシュディ・ゼム 出演: オマール・シー ジェームス・ティエレ クロティルド・エスム オリヴィエ・グルメ 配給:東北新社、STAR CHANNEL MOVIES
  • HOME
  • Movie,Drama
  • フランス初の黒人芸人と相方・白人芸人の絆、実話映画『ショコラ』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて