ニュース

175Rが約6年ぶり活動再開、年末ライブ出演&新曲完成

175R
175R

175Rが活動を再開させることがわかった。

1998年に福岡・小倉で結成され、2003年にシングル『ハッピーライフ』でメジャーデビューを果たした175R。同年には『NHK紅白歌合戦』にも出演したが、その後2011年から無期限の活動休止期間に入っていた。今回の活動再開は、メンバーの古くからの友人であるファッションブランドSKULLSHITの大滝哲也がブランドの20周年をバンドで祝ってほしいとオファーしたこともあって実現したという。

175Rは、12月3日に千葉・幕張メッセ国際展示場で開催されるSKULLSHITの20周年を記念するライブイベント『SKULLSHIT 20th ANNIVERSARY 骸骨祭り』に出演。また12月24日と25日に愛知・名古屋のポートメッセなごやで開催される『MERRY ROCK PARADE 2016』、12月27日、28日に大阪・インテックス大阪で開催される『FM802 RADIO CRAZY』にも出演が決定している。

あわせて活動再開への決意が込められた新曲“これから”が、本日10月19日から全国のラジオ局でオンエア開始。さらに“SAKURA”“ハッピーライフ”“空に唄えば”といった過去の楽曲を今年に入って再レコーディングして収録した『175R(e) BEST』が本日配信リリースされた。また活動再開を記念したティザー映像も公開。“これから”のPVの一部も収められている。

SHOGO(Vo)のコメント

3年ほど前にSKULLSHITの大滝さんから
「ブランドの20周年はバンドでお祝いしてくれないかな?」
と、ぼんやりお誘いを受けました。
正直、その時はまだまだ先だなぁ~と思っていたのですが…
もう…今年の年末…でした。
休止して見えた景色、休止してる間にできた数々の経験。
今の自分に一体何が唄えるのか。
気づけば楽しみでワクワクしている自分がいました。
という訳で!
久し振りに演ります!
175R活動再開させていただきます!!
12月3日「骸骨祭り」!!
会場は偶然にも6年前の年末に最後のライブをした幕張メッセです。
久し振りの175Rを全力で楽しみたいと思います。
そして!
名古屋と大阪でも年末イベントに出演決定!
嬉しいです。楽しみー!
そしてそして!
現在、175Rは新作に向けてレコーディングを行なっております!
今の想いや勢いを込めた新曲達です!
乞うご期待です!
お待たせした皆さんに感謝の気持ちを込めて、
この活動休止中に出逢えた沢山の皆様へ、
そしてこれから出会う皆さんへ、
改めて!
175Rをどうぞよろしくお願い致します。

KAZYA(Gt)のコメント

いよいよ復活!!
それぞれのこの6年を見せれるようしっかり準備して、待たせたみんなの期待に応える…
いや、上回る曲とステージで待ち構えてるんで覚悟して待ってて下さい!!
早くみんなに会いたくて震えてます。
久しぶりの175R!早くライブやりたい!!
ステージからの楽しそうな顔を早く見たいです。

ISAKICK(Ba)のコメント

お久しぶりです。ISAKICKです。
復活!!っという事でワクワクが止まりません。
こうやってまた復活させて頂けるのは温かく見守ってくれた事務所の社長、スタッフのみなさん。
そしてまた復活というチャンスをくれたレコード会社のみなさん。
そして何と言っても6年も待っていてくれたファンのみなさんのおかげです!
ファンのみんなは本当に待たせ過ぎちゃってごめんなさい。
ここからまた一緒に歩んで行きましょう!

YOSHIAKI(Dr)コメント

6年間の活動休止でした。
高校の頃から175Rに加入して、有難いことにほぼ毎日175Rで音楽生活に浸れてました。
デビュー時は十代だった僕はただのハナタレ小僧で、礼儀や人生勉強も175Rを通して学ばせて貰いました。
日々の生活に175Rの無い6年間は長かったです。
とにかく待っててくれた皆さんありがとう!!
今からその6年間で悩んで、反省して、感じた思いを全力でハッピーに表現していきます!
復活のチャンスをくれた事務所のみなさん、レコード会社のみなさん、応援してくれてるみんなに感謝します!
早くライブしてぇー!!

175R『175R(e) BEST』ジャケット
175R『175R(e) BEST』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場 1

    『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場

  2. マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』 2

    マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』

  3. 坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演 3

    坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演

  4. 『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録 4

    『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録

  5. GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力 5

    GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力

  6. 星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う 6

    星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う

  7. 伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売 7

    伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売

  8. 北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開 8

    北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開

  9. 映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋 9

    映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋

  10. Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を 10

    Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を