横槍メンゴ原作のノイタミナアニメ『クズの本懐』新ビジュアル公開

横槍メンゴ原作のテレビアニメ『クズの本懐』の新ビジュアルが公開された。

2017年1月から深夜枠「ノイタミナ」で放送される同作は、高校2年生の安楽岡花火と彼女を取り巻く人々が織り成す、純粋で歪んだ恋愛模様を描いた作品。原作漫画は月刊『ビッグガンガン』で連載中で、12月24日に第7巻とオフィシャルファンブックが刊行される予定だ。テレビアニメ版の監督は安藤正臣、シリーズ構成と脚本は上江洲誠が務める。キャラクターデザインと総作画監督は黒澤桂子、アニメーション制作はLercheが担当。

今回公開されたのは、学校の教室で涙を流しながら振り向く花火のビジュアルとなる。テレビアニメ『クズの本懐』のオフィシャルサイトでは、ビジュアルを使用した映像も公開。

安藤正臣監督のコメント

窓が割れたり、怪物が暴れたりしませんが、激しく刺激的で「ヤバイ」作品、このクズの本懐のアニメ化に携われる事を大変光栄に思います。原作の持っている毒…、その魅力に自分自身も酔いしれつつ、それをフィルムに映し込もうと現在鋭意制作中です。
この儚く、残酷で、美しい眩暈をアニメでも皆さんと共有したい、そしてみんなクズに染まってしまえ!ご期待下さい!

上江洲誠のコメント

安藤監督とは初めてのタッグになりますが、根暗同志で相性ばっちりです。
切ない青春時代の話題で盛り上がりながら一生懸命作っています。
胸を締め付ける、切ない、そして美しいアニメになりますよ!

番組情報

『クズの本懐』

2017年1月からフジテレビほかで放送
監督:安藤正臣 シリーズ構成・脚本:上江洲誠 原作:横槍メンゴ 音楽:横山克 アニメーション制作:Lerche
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 横槍メンゴ原作のノイタミナアニメ『クズの本懐』新ビジュアル公開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて