ニュース

ハロウィンの乱痴気騒ぎを渋谷で撮影、写真集『Tokyo Halloween』

写真集『Tokyo Halloween』が刊行された。

自主出版プロジェクト「REC」による同書は、ハロウィンに沸いた昨年10月31日の東京・渋谷を捉えた写真集。一時的にセンター街が封鎖されるほどの熱狂を見せた街の様子を、5人の写真家が撮影している。

参加写真家は、宇佐巴史、山本佳代子(チーム未完成)、阪本勇、北岡稔章、後藤洋平。ブックデザインと構成は大西隆介(direction Q)、編集と執筆は綾女欣伸が手掛けている。なお本の小口を制作者たち自らが紫色に印刷した特装版も販売されている。

現在の販売店舗は、東京・下北沢のB&B、神楽坂のかもめブックス、荻窪のTitle、中野のタコシェ、学芸大学のSUNNY BOY BOOKS、渋谷のSHIBUYA PUBLISHING BOOKSELLERS、二子玉川の蔦屋家電、文禄堂高円寺店、青山ブックセンター本店、パルコブックセンター吉祥寺店、ジュンク堂書店池袋本店、鳥取・今井書店吉成店、京都・誠光社、京都・ホホホ座、宮城・仙台のKANEIRI Museum Shop 6、愛知・名古屋のON READING、福岡・Rethink Books。またRECのオンラインショップでも購入可能だ。

『Tokyo Halloween』表紙
『Tokyo Halloween』表紙
『Tokyo Halloween』より
『Tokyo Halloween』より
『Tokyo Halloween』より
『Tokyo Halloween』より
画像を拡大する(16枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)