東西ドイツのグラフィック表現を辿る『戦後ドイツの映画ポスター』展

展覧会『戦後ドイツの映画ポスター』が、11月15日から東京・京橋の東京国立近代美術館フィルムセンターで開催される。

1950年代後半から1990年にかけて東西ドイツそれぞれで制作された映画ポスターを紹介する同展。アメリカ文化の流入を受けた西と、社会主義体制のもとで作品制作に取り組んだ東に分岐した映画文化の中で生まれたポスターの展示を通して、東西ドイツのグラフィック表現を辿る。

会場では、黒澤明監督『七人の侍』の西ドイツ版ポスターや、社会主義体制下のハンガリーで制作された映画『メフィスト』の東ドイツ版ポスターなど85点を展示。会期中には研究者やキュレーターらによるトークイベントも予定されている。詳細は東京国立近代美術館フィルムセンターのオフィシャルサイトをチェックしよう。

なお東京国立近代美術館フィルムセンターでは11月29日から同展に関連する特集上映『DEFA70 周年 知られざる東ドイツ映画』が開催される。

イベント情報

『戦後ドイツの映画ポスター』

2016年11月15日(火)~2017年1月29日(日) 会場:東京都 京橋 東京国立近代美術館フィルムセンター 展示室
時間:11:00~18:30(入室は18:00まで) 休室日:月曜、12月26日~1月3日 料金:一般210円 大学生・65歳以上70円 ※高校生以下および18歳未満、障がい者とその付添者1名は無料
イベント情報

『DEFA70周年 知られざる東ドイツ映画』

2016年11月29日(火)~12月25日(日) 会場:東京都 京橋 東京国立近代美術館フィルムセンター 大ホール
定員:310名(各回入替制) 休館日:月曜 料金:一般520円 大学・高校生・65歳以上310円、小中学生100円 ※障がい者とその付添者1名、キャンパスメンバーズは無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 東西ドイツのグラフィック表現を辿る『戦後ドイツの映画ポスター』展

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて