登呂遺跡の復元住居でアート展示、『とろエンナーレ2016』に5作家

『とろエンナーレ2016』が11月12日から静岡・登呂遺跡および登呂博物館で開催される。

同展は、今年に登呂遺跡からの出土品775点が重要文化財に指定されたことを機に開催。弥生時代の復元住居や祭殿内をアート作品の展示会場として登呂遺跡の新たなイメージを発信すると共に、現代と弥生時代の「くらし」に注目する。出展作家は、鬼頭健吾、江渕未帆、高橋舞、+tic、栗山斉の5組。キュレーションは鈴木一郎太が手掛ける。

初日の11月12日と13日には、オープニングイベントとして様々なワークショップなどを予定。なお『とろエンナーレ2016』の開催にあわせて、登呂博物館では11月27日まで『登呂博物館出土品 重要文化財指定記念 特別展「弥生×登呂』が開催されているほか、11月19日には静岡・しずぎんホール ユーフォニアでシンポジウム『遺跡からみる 弥生集落のかたち』を行なう。各イベントの詳細は『とろエンナーレ2016』のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『とろエンナーレ2016』

2016年11月12日(土)~11月27日(日)  会場:静岡県 登呂遺跡、登呂博物館
時間:9:00~16:30 出展作家: 鬼頭健吾 江渕未帆 高橋舞 +tic 栗山斉 休館日:無休(登呂博物館は11月14日、11月21日、11月24日休館) 料金:無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 登呂遺跡の復元住居でアート展示、『とろエンナーレ2016』に5作家

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて