映画『ブレードランナー』続編のタイトルは『ブレードランナー 2049』

映画『ブレードランナー』の続編のタイトルが『Blade Runner 2049(原題)』に決定。あわせて邦題が『ブレードランナー 2049』になることがわかった。

フィリップ・K・ディック原作、リドリー・スコット監督による1982年の映画『ブレードランナー』。2017年11月に日本公開を予定している続編は、前作で描いた2019年から数十年後の世界が舞台になることが発表されていた。前作の主人公リック・デッカード役をハリソン・フォードが続投するほか、ライアン・ゴズリング、ロビン・ライトらが出演。製作総指揮はリドリー・スコット、監督は2017年公開のテッド・チャン原作映画『メッセージ』でもメガホンを取ったドゥニ・ヴィルヌーヴが務める。

タイトル発表とあわせて公開されたオフショットでは、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、リドリー・スコット、ハリソン・フォード、ライアン・ゴズリングの姿が捉えられている。ヴィルヌーヴ監督はフォードについて「彼は素晴らしいアドバイスを山ほどしてくれるよ」とコメントしているほか、「やる気に満ちた最高のチームだよ。僕らに失敗という選択肢はないんだ」と意気込みを明かしている。

作品情報

『ブレードランナー 2049』

2017年11月に全国公開
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 脚本:ハンプトン・ファンチャー、マイケル・グリーン 出演: ライアン・ゴズリング ハリソン・フォード ロビン・ライト ジャレッド・レトー アナ・デ・アルマス シルヴィア・フークス カーラ・ジュリ マッケンジー・デイヴィス バーカッド・アブディ デイヴ・バウティスタ 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 映画『ブレードランナー』続編のタイトルは『ブレードランナー 2049』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて