ニュース

現代人・綾瀬はるかが信長・堤真一と対面、『本能寺ホテル』場面写真

『本能寺ホテル』 ©2017「本能寺ホテル」製作委員会
『本能寺ホテル』 ©2017「本能寺ホテル」製作委員会

映画『本能寺ホテル』の場面写真が公開された。

場面写真では、綾瀬はるか演じる現代人の倉本繭子が、タイプスリップして堤真一演じる織田信長や濱田岳演じる森蘭丸と対峙している様子や、燃え盛る炎の中に鎮座する信長の姿、繭子が刀を突きつけられているシーンなどが確認できる。

2017年1月14日から公開される『本能寺ホテル』は、2011年公開の映画『プリンセス トヨトミ』の製作・キャストチームによるオリジナルストーリー。現代の京都で「本能寺ホテル」に宿泊することになった繭子が、1582年の本能寺の変の前日にタイムスリップし、天下統一を目前にした信長と出会う、というあらすじだ。

『本能寺ホテル』 ©2017「本能寺ホテル」製作委員会
『本能寺ホテル』 ©2017「本能寺ホテル」製作委員会
『本能寺ホテル』 ©2017「本能寺ホテル」製作委員会
『本能寺ホテル』 ©2017「本能寺ホテル」製作委員会
『本能寺ホテル』 ©2017「本能寺ホテル」製作委員会
『本能寺ホテル』 ©2017「本能寺ホテル」製作委員会
『本能寺ホテル』 ©2017「本能寺ホテル」製作委員会
『本能寺ホテル』 ©2017「本能寺ホテル」製作委員会
画像を拡大する(12枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ゲット・アウト』予告編

10月27日に日本での公開を控える新感覚ホラー『ゲット・アウト』の予告編。人種差別が大きなテーマとなる本作は、2月にアメリカで公開されると、大反響を巻き起こした。チャンス・ザ・ラッパーにいたっては、シカゴの映画館で1日分の鑑賞チケットを買い占め、ファンを無料で招待するほどの惚れ込みようだとか。上映が待ち遠しい。(久野)