現代人・綾瀬はるかが信長・堤真一と対面、『本能寺ホテル』場面写真

映画『本能寺ホテル』の場面写真が公開された。

場面写真では、綾瀬はるか演じる現代人の倉本繭子が、タイプスリップして堤真一演じる織田信長や濱田岳演じる森蘭丸と対峙している様子や、燃え盛る炎の中に鎮座する信長の姿、繭子が刀を突きつけられているシーンなどが確認できる。

2017年1月14日から公開される『本能寺ホテル』は、2011年公開の映画『プリンセス トヨトミ』の製作・キャストチームによるオリジナルストーリー。現代の京都で「本能寺ホテル」に宿泊することになった繭子が、1582年の本能寺の変の前日にタイムスリップし、天下統一を目前にした信長と出会う、というあらすじだ。

作品情報

『本能寺ホテル』

2017年1月14日(土)から全国東宝系で公開
監督:鈴木雅之 脚本:相沢友子 音楽:佐藤直紀 出演: 綾瀬はるか 堤真一 濱田岳 平山浩行 田口浩正 高嶋政宏 近藤正臣 風間杜夫 配給:東宝
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 現代人・綾瀬はるかが信長・堤真一と対面、『本能寺ホテル』場面写真

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて