昭和映画界のスキャンダルが題材、役に役を重ねるメタ映画『貌斬り』

映画『貌斬り KAOKIRI ~戯曲「スタニスラフスキー探偵団」より~』が12月3日から東京・新宿K's cinemaほかで公開される。

同作は、美男で知られた俳優・長谷川一夫が顔を切りつけられた事件をモチーフにしたメタフィクションとなる。撮影にあたり、事件の登場人物になりきることで真相を探ろうとする新作映画のスタッフたちを描いた戯曲『スタニスラフスキー探偵団』を実際に上演。『貌斬り KAOKIRI』は舞台公演の様子やバックステージでの姿などを虚実を織り交ぜて映し出した作品となる。

予告編では、役者らが舞台稽古を行なう様子や、実際の上演を見守る観客の姿などが確認できる。監督・脚本は『竜二forever』『シャブ極道』の細野辰興。ポスターには「役者やめますか?それとも人間やめますか?」というキャッチコピーが掲げられている。

作品情報

『貌斬り KAOKIRI ~戯曲「スタニスラフスキー探偵団」より~』

2016年12月3日(土)から新宿K's cinemaほかで公開 監督・脚本:細野辰興
出演: 草野康太 山田キヌヲ 和田光沙 金子鈴幸 森川千有 森谷勇太 向山智成 南久松真奈 嶋崎靖 佐藤みゆき 畑中葉子 木下ほうか
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 昭和映画界のスキャンダルが題材、役に役を重ねるメタ映画『貌斬り』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて