妻夫木聡が「悪魔みたいな生き物」に翻弄される、映画『愚行録』予告編

映画『愚行録』の予告編とポスタービジュアルが公開された。

『第73回ヴェネチア国際映画祭』オリゾンティ・コンペティション部門に出品され、2017年2月18日に全国公開される同作は、貫井徳郎の同名ミステリー小説をもとにした作品。エリートサラリーマンとその妻子が惨殺された1年前の未解決事件を取材する週刊誌記者・田中が、関係者へのインタビューを進めるうちに、理想的な夫婦像とはかけ離れた被害者の実像を知るというあらすじだ。

予告編では、妻夫木聡が演じる田中、満島ひかり演じる田中の妹・光子をはじめ、事件の被害者・田向浩樹役の小出恵介、宮村淳子役の臼田あさ美、稲村恵美役の市川由衣、渡辺正人役の眞島秀和らの姿が映し出されているほか、田中の「悪魔みたいな生き物が、この世にはいるんです」というセリフも確認できる。

あわせて公開されたポスターには、「仕掛けられた3度の衝撃。あなたの日常が壊される。」「他人を語り、本性を現すのは、誰だ?」というコピーと共に、田中と光子を除くキャラクターたちが笑みを浮かべている写真が使用されている。

作品情報

『愚行録』

2017年2月18日(土)に全国公開
監督:石川慶 脚本:向井康介 原作:貫井徳郎『愚行録』(創元推理文庫) 出演: 妻夫木聡 満島ひかり 小出恵介 臼田あさ美 市川由衣 松本若菜 中村倫也 眞島秀和 濱田マリ 平田満 配給:ワーナー・ブラザース映画、オフィス北野
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 妻夫木聡が「悪魔みたいな生き物」に翻弄される、映画『愚行録』予告編

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて