石川慶

Total 27 Posts

東北大学物理学科卒業後、アンジェイ・ワイダ、ロマン・ポランスキーらを輩出してきたポーランド国立映画大学で演出を学ぶ。これまで短編作品を中心に活動しており、黒澤明記念ショートフィルムコンペティション佳作、札幌国際短編映画祭最優秀脚本賞スペシャルメンション、伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞審査員奨励賞などを受賞。映画、テレビドキュメンタリー、CMの他、舞台演出も手がける。2007年には東京国立美術館フィルムセンターにてポーランド短篇映画選を企画、運営。インドネシア日本共同制作ダンス作品『To Belong』や、イランの名匠アミール・ナデリ監督作『CUT』などにも参加。平成19年度文化庁新進芸術家海外研修制度、映画監督部門研修生。妻夫木聡、満島ひかり主演『愚行録』(2017年公開)で、長編監督デビューを果たす。最新監督作は、恩田陸原作「蜜蜂と遠雷」。

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて